使い方・よくある質問

過去3年間に2回以上ご質問が寄せられた内容は全てこちらに回答しています。
ほとんどの不明点が解決できると思いますので参考にどうぞ!
また初心者の人がよく遭遇するWordPressトラブルや、カスタマイズのヒントも解説しています。

目次

  1. Minimal WPテーマの初期設定・基本操作について >
  2. デモサイトと同じにならないぞ?トラブルかな?と思ったら >
  3. 原因不明のエラー・不具合が出て困ったら >
  4. カスタマイズ・サイト運営のヒント >
  5. 商品について・購入前によくある質問 >
  6. お支払い・商品配送について >
  7. サポートについて・無料サポート窓口 >

1. Minimal WPテーマの初期設定・基本操作について

Minimal WPテーマの設定方法・使い方を教えてください。
Minimal WPテーマは独自設定がほぼありませんので誰でもスーパー簡単に使えます。
下記リンクより4ステップの導入解説を参考に順番に進めてみてください!

有料・無料テーマ問わず、一般的なWordPressテーマ共通の基本設定です。

ロゴ・スライドショー・イメージヘッダーをオリジナル画像に変更するしたり、メニューを作成する方法です。

サムネイル画像付きの新着記事一覧を表示させたり、ウィジェットを使ってトップページを自由に作ったりする方法です。

デモサイトで使われているプラグイン(メールフォーム・SNSボタン等)を利用したカスタマイズ例を紹介します。

2. デモサイトと同じにならないぞ?トラブルかな?と思ったら

<インストール関連>
テーマのインストールに失敗してしまいました。インストールができせん。
テーマのインストールに失敗してしまう主な原因は以下の4点です。

1)ZIP形式に圧縮されているテーマファイルを解凍してアップロードしてしまった

ダウンロードしたファイルは解凍してはダメです!
圧縮されたZIPファイル(xxxxx.zip)のままアップロードしてください。
これはMinimal WP以外でも『全テーマ共通の基本ルール』です。

通常、購入後は圧縮ファイル(ZIPファイル)がダウンロードできすので、解凍せずにそのままインストールができます。
ご利用のPCの設定によっては「ダウンロードファイルを自動解凍する設定」になっている場合があります。
その場合は、圧縮ソフトを使って、ZIP形式に再圧縮してからインストールしてください。
(Macの場合はフォルダを右クリック⇒***を圧縮でOK)

またはFTPでサーバーにログインして、
解凍されたフォルダごと「wp-content/themesディレクトリ」にアップロードしてください。

関連リンク:WordPress テーマ FTPアップロード – Google 検索

 

2)ファイルの容量が大きくて、アップロード制限がかかってしまった

WordPressを利用しているサーバーのファイルアップロード容量を制限している場合、
テーマファイルが重いものだと容量を超えてしまってアップロード出来ない場合があります。
その場合は、サーバーの設定で最大容量を増やすか、手動アップロードをご利用下さい。

関連リンク:WordPress アップロード制限 – Google 検索

<手動アップロードの手順>
1. サーバー管理画面からFTPでログイン
2. テーマフォルダ(/サイトのドキュメントルート/wp-content/theme/)に移動
3. その中に解凍したテーマのフォルダをアップロード
4. WordPress管理画面(外観>テーマ)から有効化する

関連リンク:WordPress テーマ FTPアップロード – Google 検索

 

3)ファイルのダウンロード途中に何らかの原因でデータが破損してしまった

「パッケージをインストールできませんでした。style.cssが含まれていません。」
のようなエラーメッセージが出る場合、
テーマファイルがダウンロード中またはアップロード中に何らかの原因で破損してしまった可能性があります。
その場合は、FTPでサーバーから古いテーマファイルを全て削除して、
新たに再ダウンロードしなおしたテーマファイルをアップロードしてみてください。

<手順>
1. サーバー管理画面からFTPでログイン
2. テーマフォルダ(/サイトのドキュメントルート/wp-content/theme/)に移動
3. アップロードされているテーマのフォルダを丸ごとを削除
4. 通常通りの手順でテーマファイルを再インストール
  または解凍したテーマを手動アップロードし、WordPress管理画面(外観>テーマ)から有効化する

 

4)作業途中にセッションが切れてログアウトしてしまっている

「辿ったリンクは期限が切れています」「本当に実行していいですか ?」「もう一度お試しください」「何かがうまくいかなかったようです」のようなエラーメッセージが出てアップロードが出来ない場合、
作業の途中でセッションが切れて、知らない間にログアウトしてしまっていることがよくあります。
このエラーが出た場合は、一度完全にログアウトして、
再度ログインしてから作業をイチからやり直してみてください。

初期設定「STEP1:テーマの基本設定(テーマ導入・準備編)」 >

公式解説:テーマの使い方 – WordPress Codex 日本語版

管理画面にテーマの新規インストールボタンがありません
無料レンタルブログのWordPress.comをお使いではありませんか?
テンプレートをインストールして使えるのは、ソフトウェアインストール型のWordPress.orgです。

お好みのテンプレートをインストールしてWordPressサイトを運営したい場合は、
まずはレンタルサーバーを契約して、WordPress本体(無料)をインストールしてください。
WordPress簡単インストール機能が付いている下記レンタルサーバーなら導入はワンクリックで簡単です。

WordPressを導入するのが初めての方は、以下の記事も参考にどうぞ。

参考記事:初心者でも簡単!WordPress新規導入の手順をイチから全部解説!(ドメイン取得・サーバー契約から初期設定・WordPressインストール・テーマ有効化まで) >

WordPressの管理画面のURLが分かりません。ログインする方法が分かりません。
通常、管理画面URLは http://exsample.com/wp-admin/ (独自ドメインの後に/wp-admin/)です。

ご自分のサーバーに正しくWordPressがインストールされている場合、
特に何も設定を変更していなければ、上記アドレスにアクセスするとログイン画面に移動します。
インストール時に決めた(または自動作成された)、「ユーザーID」と「パスワード」でログインしてください。

作業ミスでサイトが壊れてしまったので、初期状態に戻したい(再インストールしたい)です。

<テーマのみ初期状態に戻す場合>
テーマの削除→テーマの再インストール

<WordPressごと初期状態に戻す場合>
WordPressの削除→WordPressの再インストール→テーマのインストール

なんらかの作業ミスでサイトの表示がおかしくなってしまって戻れなくなった!
バックアップを取ってなかった!最初からやり直したい!
と言う場合は、公式テーマと同様に上記の手順で初期状態に戻せます。

*さらに詳しい手順は「wordpress テーマ削除」「wordpress テーマ再インストール」「wordpress 初期化」などでGoogle検索してみてください。

<トップページ初期設定:ロゴ・スライドショー・イメージヘッダー画像>
ロゴ画像・スライドショー画像はどうやって作ればいいですか?

ロゴ画像の作成は無料のロゴ作成サイトを利用すると簡単です。

ロゴメーカー(商用OK・無料)

スライドショー画像の作成やアップロードする前の画像のサイズ変更などは、
無料の画像編集サイトが便利です。

PIXLR X(無料)

1)「画像を開くボタン」から元の画像をアップロード(大きい画像の場合はアップロード時に幅を指定)
2)「保存ボタン」から幅を指定してダウンロード

以上の2ステップで指定サイズに変更できます。

ロゴ画像・スライドショー画像・イメージヘッダー画像が表示されません。「?」「×」「壊れたアイコン」になります。画像ファイルのURLが分かりません。

画像ファイルのURLを正しく入力できていますか?画像ファイル名は半角英数で作成していますか?

ロゴ画像の設定画面で、正しくURLを指定したはずなのに、
サイト上には「?」や「×」や「壊れたようなアイコン」が表示されるだけで画像が表示されない場合は、
ほとんどが「画像ファイルのURLの入力間違い」です。

「画像ファイル自体のURL(例:sample.jpg)」ではなくて、
「画像ファイルが置いてあるページのURL(例:https://sample.com/?attachment_id=1234)」を入力してしまっている可能性が高いです。
正しく画像ファイルのURLを入力すれば解決です!

◎ダッシュボード>メディア>ライブラリ>取得したい画像をクリック>右欄にある「リンクをコピー」

上記の順番で進むと画像ファイルのURLが取得できす。

参考記事:【備考】アップロードした画像のURLの取得方法 >

 
また、アップロードする画像ファイル名は必ず「半角英数」にしましょう!
画像ファイル名を半角英数(例:logo01.jpg)ではなく、日本語(例:ロゴ01.jpg)にしている場合、
ご利用のサーバーによっては正しく表示されなかったり、不具合の原因になります。

画像のアップロード機能(メディア機能)は、テーマ問わずWordPress標準機能ですので、
もし操作に不明な点があれば、WordPress公式サポートを活用してください。

*まれに、正しく画像ファイルを作成してアップロードしていても、
「ファイルが見つかりません」「404 Not found」等、サーバーエラーの画面が表示される場合があります。
この場合は、ご利用のサーバーの設定に問題がありますので、レンタルサーバー会社のサポートにお問い合わせください。

画像のサイズ変更は無料の画像編集サイトが便利です。
https://pixlr.com/jp/x/

1)「画像を開くボタン」から元の画像をアップロード(大きい画像の場合はアップロード時に幅を指定)
2)「保存ボタン」から幅を指定してダウンロード

以上の2ステップで指定サイズに変更できます。

スライドショー・イメージヘッダー画像が変なサイズで表示されます。画像が歪んだり、見切れたりします。

管理画面に記載されてる「推奨サイズ」「固定サイズ」で画像を作成していますか?

スライドショー・イメージヘッダーは各テーマごとに管理画面に「推奨サイズ」「固定サイズ」が記載されていますので(デモサイトと同じサイズ)、
そのサイズであらかじめ画像を作成してからアップロードしてください。
適当なサイズでアップロードすると、画像が歪んだりサイズが足らなくなったりします。

「推奨サイズ」となっている場合は、少々サイズが異なっても問題ありません。
正解はありませんので、あれこれ好みのサイズをお試しください。

また、アップロードする画像ファイル名は必ず「半角英数」にしましょう!
画像ファイル名を半角英数(例:logo01.jpg)ではなく、日本語(例:ロゴ01.jpg)にしている場合、
ご利用のサーバーによっては正しく表示されなかったり、不具合の原因になります。

画像のサイズ変更は無料の画像編集サイトが便利です。
https://pixlr.com/jp/x/

1)「画像を開くボタン」から元の画像をアップロード(大きい画像の場合はアップロード時に幅を指定)
2)「保存ボタン」から幅を指定してダウンロード

以上の2ステップで指定サイズに変更できます。

スライドショーが急に動かなくなりました。全ての画像が並んで表示されてしまいます。
テーマに最初から付いているスライドショーが急に動かなくなったり、
全ての画像が縦に並んで表示されてしまう不具合が出た場合は、以下の4つの原因が考えられます。

1)他プラグインとのバッティング

HTML/CSSカスタマイズ等をしていないのに動かなくなった!という場合の、
99%の原因は他のプラグインとのバッティングです。
一旦、他社製のプラグインを全て停止するだけで、解決することがほとんどです。

画像ポップアップ系や画像スライド系、
またはSEO対策用のソースコードを改変するプラグインを使っている場合は、
まず最初に停止してみてください。

原因の特定方法と解決方法はこちらの記事を参考にどうぞ。
スライドショーが動かない時にまず確認すること >

 
2)手動でテーマ編集・カスタマイズした時にミスをしてしまった/誤った記述に修正してしまった

手動でカスタマイズ(HTML/CSS編集)した結果、
必要なHTML/CSSコードを間違って削除してしまったり、改造した時に記述ミスがあったり、
jQuery自体の読み込みをヘッダーから削除してしまったりすると、
スライドショーは動かなくなってしまうので、これまた注意が必要です。

 
3)jQueryのバージョンを変更してしまった

Minimal WPのテーマで使っているスライドショー(スマホメニューも)は、
jQueryのバージョン1.x系を利用しています(主に1.7.1〜1.8.3)。
1.9.0以降や2.x系に置き換えると、正しく動かなくなる可能性がありますので、ご注意下さい。
(またはjQuery Migrate pluginを読み込ませればOKです)

 
4)SSL化(https://)する手順にミスがあった

さらに、もう一つ可能性があるのが、SSL化の手順にミスがある場合です。
他の部分は正しくhttp://⇒https://にできているのに、
ヘッダー内のjQueryの読み込みコードだけhttp://のままになってしまっている場合です。
こうなると正しくjQueryが読み込まれていない状態ですので、
スライドショーが動きません(スマホメニューも動きません)。

誤:http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js
正:https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js
または//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js

◎ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集)>テーマヘッダーから、
上記該当部分の行を探して(最初の10行目前後にあります)、
http:// ⇒ https:// に変更してください。

どこかの設定を変更したらスライドショー・イメージヘッダー自体が表示されなくなりました。消えてしまいました。
WordPress本体の「表示設定」はちゃんと『最新の投稿』になっていますか?

WordPress本体の「表示設定」(ダッシュボード>設定>表示設定)で、
ホームページの表示を「固定ページ」に設定した場合、
トップのスライドショー・イメージヘッダーは表示されなくなります。
「最新の投稿」を設定している場合のみ表示されます(通常「最新の投稿」がWordPressの基本仕様です)。

Minimal WPのテーマは全テーマ、「最新の投稿」で正常に動作し、デモサイトと同じになります。

スライドショー・イメージヘッダーはトップページにしか表示されません。デモサイトの通りです。
ですが、ホームページに特定の固定ページを表示させて、ヘッダー画像も利用したい場合は、

1)固定ページの投稿画面右欄にある「固定ページの属性」から、「ランディングページ」を選択
2)イメージヘッダー画像をアイキャッチ画像に設定
3)投稿を保存

の手順でイメージヘッダーを表示させられます(ラインディングページ対応テーマのみ)。

<トップページ初期設定:メニュー>
メニューが表示されません。Homeや外部リンクが追加できません。メニューをクリックしてもページに飛びません。順番通りに並べかえられません。設定方法を教えてください。
メニューは「WordPress標準の機能」ですので、落ち着いて設定すれば簡単にできます。
適当にやってもうまくいかなかった場合、メニュー機能がそもそも理解できてない場合は、
まずは下記の「解説の通り」に順番に進めてみてください。誰でも必ずできます。
メニューの設定方法 >
メニューにブログを設定しましたが、リンクを開いてもブログ記事の一覧が表示されません。

「ブログカテゴリー」は作成されていますか?ブログカテゴリー内に「投稿記事」は公開されていますか?
「固定ページ」でブログというページを作成しても記事の一覧表示にはなりません。
カテゴリーごとの記事が一覧表示されるのは「投稿(カテゴリー)」です。

これは全WordPress共通の基本的な仕組みなので、
ここがイマイチ理解出来ていない場合は、必ずWordPress公式の解説を熟読してください。

<正しいステップ>

1)「ブログ」カテゴリーを作成(管理画面>投稿>カテゴリー)
2)記事を新規作成(管理画面>投稿>新規追加)
3)投稿画面の右側のカテゴリー欄で「ブログ」にチェックを入れて記事を公開
4)メニュー作成画面(管理画面>外観>メニュー)で、カテゴリー欄から「ブログ」をメニューに追加

ブログにかぎらず、ギャラリーやカタログ、NEWSやお知らせなども同様です。
新着記事がどんどん追加されるタイプの投稿はカテゴリーを作成します。

メニューがドロップダウンになりません。メニューの階層表示(親子表示)は設定できますか?
メニュー設定画面で項目を親子(入れ子)にすればOKです。

副項目をドラッグして右にずらすと、親子(入れ子)状態になります。
これでメニューは自動的にドロップダウンメニューになり階層表示されます。
メニューの設定方法 >

スマホのハンバーガーメニュー(右上の三本線アイコン)をクリックしても開きません。
HTML/CSSカスタマイズ等をしていないのに動かない!という場合、99%の原因はプラグインのバッティングです。
一旦、プラグインを全て停止してみてください。

画像ポップアップ系や画像スライド系、
SEO対策用のソースコードを変更してしまうプラグインは特にお気をつけ下さい。

ーーー

また、WordPress本体のjQueryでうまく動かない場合、
またはjQueryのバージョンを1.9.0以上に変更した場合は、
テーマヘッダー(haeder.php)の<?php wp_head(); ?>の直前に、

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', 'http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js', array(), '1.7.1');
?>

という1行を追加して、バージョン1.7.1〜1.8.3のjQueryを外部から読み込んでみてください。

ーーー

<サイトをSSL化(https:)している場合>

SSL化の手順でミスがあると、スマホメニューやスライドショー等が動かなくなる場合があります。
テーマヘッダー(haeder.phpおよびhaeder-top.php)でjQueryを読み込む時に、忘れずにSSL化させる必要があります。
具体的には「http:」を「https:」に変更、または「http:」自体を削除するだけです。

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', 'http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js', array(), '1.7.1');
?>

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js', array(), '1.7.1');
?>

関連リンク:SSL jQuery – Google検索

スマホのハンバーガーメニュー(右上の三本線アイコン)が表示されていません。
ブラウザの一番上の黒いWordPress固定ツールバーの下に隠れてませんか?

ワードプレスにログインした状態でサイトを確認すると、最上部に黒いツールバーが出ているので、
ハンバーガーメニューがその下(裏)に隠れてしまっているだけかもしれません。
ログアウトした状態でサイトを確認してみてください。

メニュー管理画面で「メニューに追加」「メニューを保存」ボタンを押しても403エラーになってしまいます。
サーバーのセキュリーティー設定(WAF)が誤検知を起こしているのが原因です。

メニュー管理画面で「メニューに追加」や「メニューを保存」などのボタンを押した時に、
「403エラーメッセージ」が出る場合(または出たり出なかったりする場合)は、
WordPressを設置しているサーバーのセキュリティ設定(WAF)の誤検知が原因であることがほとんどです。

メニュー設定画面以外でも、プラグインの設定ボタン、ウィジェットの保存ボタン、
テーマ編集(phpやスタイルシートの編集)の保存ボタンを押した時にも同様の現象が起こります。
この症状が出た場合は、まずはお使いのレンタルサーバー会社のサポートにお問い合わせください。

また、プラグイン「SiteGuard WP Plugin」にWAFチューニング設定を追加することでも簡単に解決できます。

関連記事:WordPress管理画面の設定で保存を押すと403エラーになる場合の解決方法(WAFチューニング)>

<トップページ初期設定:サムネイル付き新着記事一覧・ウィジェットエリア>
トップページの新着記事の一覧(サムネイル画像一覧)はどうやって表示させるのですか?
トップページに新着記事の一覧(サムネイル画像一覧)が表示されるテーマは、
アイキャッチ画像付きの記事を投稿するだけで、自動的に新着順に表示されます。

ダッシュボード>投稿>新規追加から、
記事を公開すると(アイキャッチ画像を追加してください)、
自動的にデモサイトと全く同じように配置されます。

解説STEP1:「5) 投稿記事の作成(カテゴリーの作成)」>

初期設定「STEP3:トップページの作成・新着サムネイルの表示方法」>

*サムネイル画像が表示できるのは投稿記事のみです。固定ページは表示されません。

公式解説:投稿サムネイル – WordPress Codex 日本語版

///以下、過去に販売していた一部テーマの場合です///

<Ruby Tuesday / BOMBERの場合>
これらのテーマのみ、トップページのサムネイルギャラリーは、
「トップギャラリー」タグを付けた投稿記事のアイキャッチ画像が表示されます。
スラッグもそのまま日本語で「トップギャラリー」でOKです。
記事投稿画面の右欄の「タグ」に”トップギャラリー”と入力して公開します。

<Double Double Chocolateの場合>
こちらのテーマのみ、表示されるカテゴリーIDがあらかじめ決まっています。
左列「ID=1」中央列「ID=2」右列「ID=3」となります。

トップページのコンテンツエリアはどうやって表示させるのですか?ウィジェットってなんですか?
ダッシュボード>外観>ウィジェット

好きなコンテンツをドラッグ&ドロップで簡単に追加したりできるやつがウィジェットです。
これはテーマの機能ではなくて、WordPress標準装備の基本機能です。
Minimal WPのテーマは、トップページ・サイドバー・フッター・記事下などにウィジェットエリアが設けてあります。
ウィジェット管理画面の右の方にドラッグ出来る部分があれば対応しているので、色々試してみてください。

初期設定「STEP3:トップページの作成・新着サムネイルの表示方法」 >

ちなみに、「テキストウィジェット」はHTML/CSSコードの貼り付けができます。
太文字、大文字、中央寄せ、画像貼り付け、リンク貼り付け、なんでもできます。
GoogleマップやYouTube、FacebookやTwitterなどのブログパーツの貼り付けもできます。
スライダーやギャラリーなどのプラグインと組み合わせることもできます。
上手く使えば、普通のHTML/CSSサイトのように複雑にカスタムすることも可能です。

HTML/CSSコードの書き方が分からない!という人は(簡単ないくつかのコードは覚えた方がいいですけど)、
新規投稿画面を使って、画像の挿入やテキストの下書きをして、
そのHTMLコードをコピーして、テキストウィジェットにコピペすると簡単です。

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法は無料サポート対象外ですので、
基本的なHTML/CSSタグの使い方はリファンレンスガイドを参考にしてください。
下記のサイトは逆引き辞書として使えてとても便利で簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

公式解説:ウィジェット – WordPress Codex 日本語版 >

トップページの新着記事(サムネイル一覧)の表示件数はどうやって変更するんですか?

◎ダッシュボード>設定>表示設定>1ページに表示する最大投稿数

管理画面の上記の設定を、お好きな「件数」にすればOKです。

トップページの新着一覧、カテゴリーページ、アーカイブページ、検索結果ページなど、
何件かの投稿記事が一覧で表示されるページの「表示件数」は、
テーマの設定ではなくて、全てWordPress本体の表示設定で変更できます。

<Julietテーマの場合>
一部、index.phpにコードで件数を直接指定しているテーマもあります。
以下の記事を参考にしてもらうと、簡単に変更可能です。

関連記事:トップページのギャラリーの表示件数を変更する方法 >

トップページの新着記事(サムネイル一覧)の上の「見出しテキスト」はどこで設定するのですか?非表示にできますか?

◎ダッシュボード>外観>Minimal WPカスタム

トップページの新着記事(サムネイル一覧)の見出しは、
上記の管理画面から好きな文言を設定できます。
ロゴやヘッダー画像の設定と同じ画面です(Minimal WPの設定はここしかありません)。

STEP2:テーマの基本設定(オリジナルに衣替え編) >

*見出しを非表示にする設定オプションはありませんので、
不要な場合は文言を空白にするか、index.phpより該当部分のコードを丸々削除してください。

My Song、White Studio、Minimal Cafeのトップページには新着記事一覧は表示されないのですか?

トップページが全てウィジェットエリアで構成されているテーマは新着記事の一覧は自動表示されません。

ランディングページ用テンプレートの「My Song」「Minimal Cafe」、
コーポレートサイト用のテンプレート「White Studio」など、
トップページがウィジェットエリアのみで構成されているテーマは、新着一覧は表示されません。

もし自動で新着記事を表示させたい場合は、
ウィジェットで「最近の投稿」を追加すると、新着記事リストが表示されます。
サムネイル画像付きで表示させたい!という場合は、
プラグインの「Recent Posts Widget Extended」を利用してみてください。
最近の投稿ウィジェットがサムネイル付きやカテゴリー指定等ができるようになります。

その他のデザインで表示させたい場合は、テーマ編集を伴うカスタマイズが必要になりますので、
ココナラの有料カスタマイズ代行」をご利用ください。

トップページがデモサイトのようになりません。新着一覧やウィジェットが無く、別の固定ページが表示されます。
ダッシュボード>設定>表示設定>ホームページの表示は『最新の投稿』になっていますか?

『固定ページ』を選択している場合、デモサイト通りにはなりません。
正しくは『最新の投稿』です(通常はこれがワードプレスの初期状態です)。
テーマの乗り換えの場合は過去の設定を引き継いでいることがあるので要注意です!

Minimal WPのテーマは全テーマ、「最新の投稿」で正常に動作し、デモサイトと同じレイアウトになります。

また、スマホで見た時に最下部に「mobile/desktop」のような切り替えボタンが表示される、
デモサイトとは異なるデザインでサイトが表示される場合は、
スマホ対応化のプラグイン(WP Touchなど)が有効になっている可能性があります。
レスポンシブデザインではプラグイン不要ですので無効にしてください。

<カテゴリーページ・アーカイブページ関連(ブログ投稿一覧/月別アーカイブ等)>
カテゴリーの一覧ページ(アーカイブページ)が表示されません。
まずは以下の項目を確認してみてください。

1)カテゴリーは正しく作成されていますか?「カテゴリー(投稿)」ではなく、間違って「固定ページ」で作成していませんか?
2)そのカテゴリーに記事は(少なくとも1つは)投稿されていますか?
3)その記事にはアイキャッチ画像が正しく設定されていますか?
4)メニューに追加したカテゴリーページのURLは間違っていませんか?
5)パーマリンク設定(ダッシュボード>設定)は正しくできていますか?(投稿名か基本がおすすめ)

カテゴリー・アーカイブページが正しく表示されないのは、
上記のうちどれかが間違っている時だけです。

特にメニューを作った後にカテゴリー名を変更したり、パーマリンク設定を変更するとリンク切れを起こしやすいので要注意です!
その際は新たにイチからメニューを作り直せばOKです。

まずはゆっくり解説の手順通りに試してみてください。
初期設定「STEP1:テーマの基本設定 – 5.投稿記事の作成(カテゴリーの作成)」 >

ブログ記事の一覧ページはどうやって作るんですか?
<正しいステップ>

1)「ブログ」カテゴリーを作成(管理画面>投稿>カテゴリー)
2)記事を新規作成(管理画面>投稿>新規追加)
3)投稿画面の右側のカテゴリー欄で「ブログ」にチェックを入れて記事を公開
4)メニュー作成画面(管理画面>外観>メニュー)で、カテゴリー欄から「ブログ」をメニューに追加

ブログにかぎらず、デモサイトのギャラリーや商品紹介、お知らせなども同様です。
新着記事がどんどん追加されるタイプの投稿はカテゴリーを作成して、
そのカテゴリー内に投稿記事を公開すれば「自動的に」一覧ページが出来上がります。

これは全WordPress共通の基本的な仕組みなので、
ここがイマイチ理解出来ていない場合は、必ずWordPress公式の解説を熟読してください。

カテゴリーページのサムネイル画像はどうやって表示させるんですか?

投稿記事にアイキャッチ画像を指定すれば、自動的に表示されます。

デモサイトで3列などのレイアウトで一覧表示になっている場合は、
投稿記事をカテゴリー内に新規追加すれば、新着順で自動的にデモと同じレイアウトで表示されます。

初期設定「STEP1:テーマの基本設定 – 5.投稿記事の作成(カテゴリーの作成)」 >

*以下、販売終了した一部テーマのみの機能です(Ver.20170321で廃止しました)

Minimal WPのテーマは、『カテゴリーのスラッグ名』によって、カテゴリーページのレイアウトデザインが変わります。

スラッグとは?
「カテゴリー」または「タグ」を作成する時に、自分で決めるURLになる部分です。
例)https://minimalwp.com/category/xxxxx/(xxxxx部分がスラッグで、自分で決められます)

カテゴリーページのレイアウトが選択できるスラッグ名2種
・スラッグ「gallery」 ⇒ ギャラリー(サムネイル画像一覧)表示
・スラッグ「blog」 ⇒ 縦並びの一般的なブログ表示

*その他のスラッグは通常のカテゴリーページのレイアウトとなります。
*全てのカテゴリーがスラッグとは関係なく自動的にギャラリーレイアウトになるテーマもあります。
*テーマによって多少異なりますので、デモサイトを参考にお試しください。

カテゴリーページ・アーカイブページの表示件数を変更できますか?

◎ダッシュボード>設定>表示設定>1ページに表示する最大投稿数

管理画面の上記の設定を、お好きな「件数」にすればOKです。

カテゴリーページ、アーカイブページ、トップページの新着一覧、検索結果ページなど、
何件かの投稿記事が一覧で表示されるページの「表示件数」は、
テーマの設定ではなくて、全てWordPress本体の表示設定で変更できます。

関連記事:ギャラリーカテゴリーの表示件数を変更する方法 >

カテゴリーページのページャーはどうやって表示させるんですか?

デモサイトのカテゴリーページ(ブログやギャラリー)の下部にある、
ページャー(ページ送り)は自動で表示されます。

◎ダッシュボード>設定>表示設定>1ページに表示する最大投稿数

管理画面の上記の設定で指定した表示件数を超えると、
ページ下部にページャーが自動表示されます。
個別の設定やプラグインは不要です。

関連記事:ギャラリーカテゴリーの表示件数を変更する方法 >

スラッグが勝手に「gallery-2」となってしまいます。

*以下、販売終了した一部テーマのみの機能です(Ver.20170321で廃止しました)

Minimal WPのギャラリーレイアウトはカテゴリーのスラッグ名を「gallery」にするだけでOK、という簡単な仕様です。
ですが、適当に同名のカテゴリーをたくさん作ってしまうと、
同じ「Gallery」というカテゴリー名でも、スラッグが「gallery」「gallery-2」「gallery-3」「gallery-4」・・・・と、
自動で量産されてしまいます(これがWordPressの基本仕様です)。
一旦作成してしまうと、データベースに記憶されるので、WPの管理画面から削除してもリセットされません。

この場合、ギャラリーレイアウトになるのは「gallery」スラッグの「Galleryカテゴリー」のみです。
他の「gallery-2」以降は、通常のカテゴリーレイアウトになります。

<修正する方法(簡単な順)>
1)テンプレートファイルの「category-gallery.php」を、「category-gallery-2.php」にリネームする。
galleryスラッグがサムネイル一覧表示だった仕様を、gallery-2スラッグを一覧表示させるように変更するという作業です。
category-xxx.phpのxxx部分が表示させたいカテゴリーで使っているスラッグ名になればOKです。

2)データベースから削除する。
これは初心者には難しいので、Googleで調べつつ自己責任でお願いします!

と言う感じで、1番の方法の方が簡単です。こちらなら1分で解決します。

<投稿ページ・固定ページ関連>
「投稿」と「固定ページ」はどう違いますか?どう使い分ければ良いですか?
投稿=ブログ記事のようにカテゴリー分けや、時系列で並べたいタイプの記事
固定ページ=プロフィールページ・お問い合わせページのような単独ページ

この使い分けはテーマ問わず全WordPress基本中の基本ですので、
ここが不明な場合は、WordPress公式の解説を熟読してください。

投稿記事ページが表示されません。カテゴリーページから記事へのリンクが飛べません。
パーマリンク設定(ダッシュボード > 設定 > パーマリンク設定)を、「投稿名」または「基本」に変更してみてください。

パーマリンク設定は、以下のどちらかを利用してください。

『基本』=自動で番号の記事URLが決まる
『投稿名』記事ごとに任意のURLを決められる

SEO的には「投稿名」が断然オススメです。

WordPressのパーマリンク(記事のURL)は、
誤った設定にすると投稿ページが正しく表示されなかったり、
運営途中で変更してしまうとURLが変わってリンク切れがおきたりするので、
必ずブログ開設の一番最初に決めておきましょう。

*すでに運用中の別テーマからの乗り換えの場合は、変更する必要はありません。

下記解説も合わせてどうぞ。
STEP1:テーマの基本設定(テーマ導入・準備編 >

固定ページで「サイドバー有り」or「サイドバー無し(ワンカラム)」はどうやったら選べますか?
固定ページ新規追加画面の右欄「ページ属性」から選択できます。

固定ページがサイドバー有り・サイドバー無し(1カラム)など複数レイアウトに対応しているテーマは、
固定ページ新規投稿画面の右側に「ページ属性」という欄があります。
そこの中の「テンプレート」というプルダウンメニューから、好きなレイアウトを選択すればOKです。

*もし「ページ属性」の項目が表示されていない場合は、
以下の方法で項目を表示させてください。

<ブロックエディターの場合>
固定ページ新規追加画面の右上にある「縦3つ並びの・(ツールと設定をさらに表示)ボタン」を押して、
一番下にある「オプション」を開いてください。
その中の「文書パネル」にある『ページ属性』にチェックを入れてください。

<クラシックエディターの場合>
管理画面の右上にある「表示オプション▼」を開いて、
「ページ属性」にチェックを入れて項目を表示させてください。

STEP1:テーマの基本設定(テーマ導入・準備編 >

固定ページで「イメージヘッダー」を表示させるにはどうすればいいですか?
固定ページが「イメージヘッダー有り」のレイアウトに対応しているテーマは、アイキャッチ画像がヘッダーに表示されます。

固定ページ新規投稿画面の右側「ページ属性」欄のプルダウンメニューから、
「イメージヘッダー有り」のレイアウトを選択して、
イメージヘッダーとして表示させたい画像を「アイキャッチ画像」に指定すれば自動で表示されます。

*もし「ページ属性」の項目が表示されていない場合は、
以下の方法で項目を表示させてください。

<ブロックエディターの場合>
固定ページ新規追加画面の右上にある「縦3つ並びの・(ツールと設定をさらに表示)ボタン」を押して、
一番下にある「オプション」を開いてください。
その中の「文書パネル」にある『ページ属性』にチェックを入れてください。

<クラシックエディターの場合>
管理画面の右上にある「表示オプション▼」を開いて、
「ページ属性」にチェックを入れて項目を表示させてください。

投稿記事で「サイドバー有り」or「サイドバー無し(1カラム)」はどうやったら選べますか?

Ver.20171002以降のテーマをWordPress4.7以上でご利用の場合は、
固定ページと同様の手順で投稿ページでもレイアウト変更が出来ます。

投稿ページがサイドバー有り・サイドバー無し(1カラム)など複数レイアウトに対応しているテーマは、
投稿ページ新規投稿画面の右側に「投稿の属性」という欄があります。
そこの中の「テンプレート」というプルダウンメニューから、好きなレイアウトを選択すればOKです。

*もし「ページ属性」の項目が表示されていない場合は、
以下の方法で項目を表示させてください。

<ブロックエディターの場合>
投稿ページ新規追加画面の右上にある「縦3つ並びの・(ツールと設定をさらに表示)ボタン」を押して、
一番下にある「オプション」を開いてください。
その中の「文書パネル」にある『ページ属性』にチェックを入れてください。

<クラシックエディターの場合>
管理画面の右上にある「表示オプション▼」を開いて、
「ページ属性」にチェックを入れて項目を表示させてください。

STEP1:テーマの基本設定(テーマ導入・準備編 >

ーーー

Ver.20171002より古いテーマをお使いの場合、またはWP4.7より古いバージョンをお使いの場合は、
以下のプラグインをご利用下さい。

投稿記事(シングルページ)が数種類のテンプレート(サイドバー有り、1カラム、ランディングページ用など)に対応しているテーマは、
プラグインの「Custom Post Template」を有効化すると、
新規投稿画面の右側に「Post Template」という欄が表示されます。
そこのなかの「テンプレート」選択のプルダウンメニューから、好きなレイアウトを選択すればOKです。

関連記事が表示されません。

同じカテゴリーに2記事以上投稿されると、自動的に関連記事が表示されます。

投稿記事の下に「関連記事」が自動的に表示されるテーマの場合、
同じカテゴリーに2記事以上が投稿されると、自動的に関連記事が表示されます。
記事に設定したアイキャッチ画像も表示されます。

STEP3:トップページの作成・ギャラリー画像の表示方法(投稿記事下に関連記事を表示させる方法) >

コメント欄を表示したい、または非表示にしたいです。

WordPress本体の「ディスカッション設定」で変更できます。

コメント欄はテーマの機能ではなく、WordPress本体の基本機能ですので、
WordPress本体の「ディスカッション設定」(ダッシュボード>設定>ディスカッション)で、
一括設定または個別ページごとの設定が可能です。

参考記事:WordPressのコメント欄を表示・非表示する方法 >

スマホで見た時に本文のテキストの改行が無効になってしまいます。PCと同じ改行ありにしたいです。

現在発売中のレスポンシブテーマではスマホ表示時の「<br />(改行タグ)」は機能しない仕様です。
なので、文中に改行を入れていても、スマホ表示では無効になります。
最近の流行りと言うか、スマホで変な改行が多すぎてテキストが読みにくい問題を防ぐ為の仕様です。

もし、PC表示と同じように改行を有効にしたい場合は、
ダッシュボード>外観>テーマ編集>スタイルシートから、

.single-contents br { display: none; }

を削除すればOKです。

*目視で探すのは大変なので、テキストエディターで上記コードを「検索」して削除してください。

または、WordPress本体の追加CSS(ダシュボード>外観>カスタマイズ>追加CSS)に、
子テーマを利用している場合は子テーマのスタイルシートに、

.single-contents br { display: block; }

を追加することでも改行を有効化できます。

*トップページのウィジェットでも改行が無効になる場所があります。
.top-wide-contents br { display: none; }
など、投稿ページ用と同様の記述がCSS内にあるので、同じように削除すればOKです。
またはWordPress本体の追加CSS、または子テーマのスタイルシートに、
.top-wide-contents br { display: block; }
を追加することでも改行を有効化できます。

<画像関連>
メディア設定の推奨画像サイズを教えてください。
メディア設定(ダッシュボード>設定>メディア)で設定出来る画像サイズは、
各テーマの詳細ページに記載されている「表示サイズ」に合わせておくと、
運営がとてもラクになります。(もちろんこれ以外でも問題ありません)

<表示サイズ例>
・パソコン   :本文 630px / サイドバー 300px(ワンカラム時: 本文 960px)
・タブレット  :本文 460px / サイドバー 227px(ワンカラム時: 本文 728px)
・ミニタブレット:本文 420px
・スマートフォン:本文 300px (iPhone6: 336px)
・サムネイル推奨サイズ:横幅420px/高さ280px(画像比率3:2)

テーマ詳細ページに載ってる、こんなようなやつですね。
この場合、メディア設定は以下のような感じに設定するといいと思います。

◎サムネイルのサイズ
幅「420」高さ「280」(サムネイルを実寸法にトリミングするにチェック)
◎中サイズ
幅の上限「630」高さの上限「0」
◎大サイズ
幅の上限「960」高さの上限「0」

みたいな感じにしておくと、更新がラクにできす。

参考にどうぞ。

メディア設定を変更してもサイズが変わりません。「大サイズ」の横幅が自動で630ピクセルになってしまいます。
Remember以降のテーマ(Remember、Rhapsody、Pantomime、Holiday)で、
メディア設定の大サイズを630ピクセルから960ピクセルに変更する方法は下記をご覧ください。
【アップデート情報】Holiday、Pantomime、Rhapsody、Rememberで画像ファイルの大サイズの扱いを630px⇒960pxに変更しました >
テーマを変更したら過去記事の画像やサムネイル画像が表示されなくなりました。
WordPressはテーマを変更しても過去にアップロードした画像の設定はそのまま引き継いでいます。

そのため、画像のサイズが正しく表示されなかったり、サムネイル画像が表示されなくなったりする場合があります。
その場合は、テーマ変更後にあらたにサムネイル画像を設定し直す必要があります。
「Regenerate Thumbnails」「Auto Post Thumbnail」等、一括で変更出来るプラグインもありますので、
詳しくはGoogle検索で調べてみてください。

また、「画像の読み込みを遅らせる系のプラグイン」を使っていたら一旦停止してみてください。
プラグインによる不具合の可能性もあります。

アイキャッチ画像を設定したりしなかったり、記事毎にバラバラのサイズにしたら、一覧表示のレイアウトが崩れてしまいました。
一部のギャラリー型テーマではアイキャッチ画像が未設定の場合や、記事毎にバラバラのサイズで設定した場合、レイアウトが崩れる事があります。
アイキャッチ画像はサイズを統一するのが綺麗なデザインを保つコツです。

また、今の時代SNSでシェアされる時にアイキャッチ画像は必須ですし、
プラグインの「XO Featured Image Tools」などを使えば、記事内の画像から自動取得できますので、
アイキャッチ画像は必ず設定する事をおすすめします。

投稿記事の画像がでっかく表示されて枠をはみ出したり、勝手に縮小されて小さく表示されてしまいます。
メディア設定(ダッシュボード>設定)の「画像サイズ」が正しく設定されていて、
記事投稿時に「添付ファイルの表示設定」から正しく「サイズ」が選択できていれば、通常は問題なく表示されるはずです。
それと、ヴィジュアルモードではなく「テキストモード」で投稿する事をおススメします。

たまに外部のエディター等からコピペしたり、別アプリから自動投稿すると、
<div><img src=”xxxx”></div>のように<div>で囲われた特殊なコードを吐き出している場合があります。
これが原因で正しいサイズで表示されないことが起こります。
その場合は囲っている<div></div>を消すか、コピペではなくイチから投稿しなおしてみてください。

iPhoneで撮影した写真をアップすると、画像が逆さまになったり横向いたりしてしまいます。
これはテーマやWordPressの不具合ではなくて、単に写真を撮る向きが正しく無いだけです。
iPhoneのカメラは上下の向きが決まっているので、間違った持ち方で撮影した写真を記事に貼付けると、
逆さまになったり横向いたりします。
パソコンでは問題なく見れていても、iPhoneで見るとおかしかったりします。

ホームボタンが右」が正しい向きです。

WordPressの画像編集画面で写真を回転させてもこれは直らないので、
写真を撮る時にiPhoneを正しい向きで撮るようにするか、別のアプリで開いて編集し直す必要があります。

画像にキャプションを付けたら、本文枠をはみ出してしまいます。スマホでレスポンシブになりません。
スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマ編集)に、
以下の一文を追加してみてください。

.wp-caption {
max-width:100%;
}

これで解決すると思います。

詳しい解説を書きましたので、以下を参考にしてみてください。
キャプション付きの画像を投稿した時に、スマホで画像がはみ出てしまう場合の修正方法 >

画像にキャプションを付けたら、画像の中央寄せが効かなくなってしまいました。
スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマ編集)に、
以下の一文を追加してみてください。

.aligncenter { display: block; margin: 0 auto; }

これで解決すると思います。

画像にキャプションを付けたら、黒い帯状の影背景が表示されてしまうので消したいです。
これは「ギャラリーブロック利用」+「キャプションあり」の場合に、
自動的に出るWordPressの基本CSSの影なのですが、
これを消す方法は以下の2通りがあります。

1)キャプションを無しにする

2)追加CSS(ダッシュボード>外観>カスタマイズ)に以下の一文を追加する。

.blocks-gallery-grid .blocks-gallery-image figcaption, .blocks-gallery-grid .blocks-gallery-item figcaption, .wp-block-gallery .blocks-gallery-image figcaption, .wp-block-gallery .blocks-gallery-item figcaption { background: none; }

これで解決すると思います。

<ウィジェット関連>
ウィジェットを設定・保存してもサイトに反映されません。
ウィジェットの設定保存を行なったのに、実際のサイト上には反映されない!という場合は、
だいたいキャッシュ(過去の情報)が残っているのが原因です。

キャッシュ系プラグインを利用している場合は、
プラグインの管理画面から「キャッシュをクリア(削除・開放)」すれば解決します。

Chrome/Firefox/Safariなどのウェブブラウザ自体のキャッシュが効いている場合は、
ブラウザの環境設定画面から「閲覧履歴データを消去(キャッシュされた画像とファイルの削除)」を行なうと、
ブラウザに残っているキャッシュがクリアされて、サイト上のデータが更新されます。
モバイル版のブラウザも同様です。
ご利用のブラウザによって方法は多少異なりますので、Googleで検索してみてください。

もしくは単純に設置場所と確認場所がズレている、なんてこともあるかもしれませんので、
じっくりサイトを確認してみてください。

テーマ「Minimaga」でCTA(コールトゥアクション)はどうやってウィジェットで作るのですか?
Minimagaはウィジェットで簡単にCTAが表示できるようになっています。

ダッシュボード>外観>テーマ編集>ウィジェットで、
シングルページ記事下(CTA)に「テキストウィジェット」を追加すると、
サイトに自動的にCTAの枠組みデザインが表示されます。

テキストモードを使用するならクイックタグ「ボタン1」をクリックすると、
自動的にボタン用のタグが入力されますので、リンク先と文言を指定すればボタンが出来上がります。
もちろん自作のCSSボタンや、ネットで探したコピペで使えるおしゃれなCSSボタンを利用するのもアリです。
お好みの画像・テキスト・ボタンを組み合わせて、コールトゥアクションを作成してください。

TwitterやFacebookのタイムラインをウィジェットに設定しても表示されません(保存できません)。
TwitterやFacebookのタイムラインの貼り付けコードをウィジェットを利用して表示させる場合、
「カスタムHTMLウィジェット」ではなく、「テキストウィジェット」を使ってみてください。

JavaScriptを読み込むタイプの貼り付けコードの場合などで、
カスタムHTMLウィジェットだと保存できない(通信が途切れる)、設定したはずがサイトに表示されない、といったことが起こり得ます。
テキストウィジェットを利用した場合は、問題なく設定完了できると思います。

サイドバー最下部(モバイル専用)ウィジェットが表示されません。
テーマ( Slauson / Black Studio / RHAPSODY 2 / Vanilla City / White Studio / My Song / Holiday / Pantomime / Remember)の2016年5月24日より以前のバージョンで、
スマホからアクセスした場合のみサイドバーの最下部に表示されるはずの「モバイル専用ウィジェット」が、
ただしく表示されないという不具合が発見されました。
下記ページに修正方法を解説しましたので、大変お手数ですが修正をお願いします。

【アップデート情報】サイドバー最下部(モバイル専用)ウィジェットが表示されない不具合を修正しました >

<表示・レイアウト崩れ関連>
レイアウトデザインが崩れてしまいました。テーマ編集に失敗してしまいました。
レイアウトが崩れる主な原因は3つです。

1)画像サイズが推奨サイズと異なっている(異常に大きすぎる、異常に小さすぎる)。
2)プラグインが原因。
3)HTML/CSSコードから必要なものを間違って削除してしまった。記述に間違いがある。

画像サイズは推奨サイズに変更し、プラグインを全て一旦停止してどれが原因なのか検証してみてください。
だいたいこれで原因が特定出来ると思います!

特にプラグインの「head cleaner」「Lightbox系」「SEO対策・高速化系」「キャッシュ系」は、
正しく設定されていないと、レイアウト崩れやテーマの不具合を引き起こすことがありましう。

デザインをカスタマイズしようとして、おかしなことになってしまった場合は、
バックアップから壊れる一つ前の状態に戻すか、万が一バックアップが無ければ初期状態に復元するしかありません。

また、これまで長くブログを運営して来て、過去の投稿本文内に誤ったコード記述(タグの閉じ忘れ等)がある場合、
テーマを有効化させた時点でレイアウト崩れが発生する可能性もあります。
この場合は、ページごとに詳しくHTMLチェックをしてください。

お客様によるHTML/CSS改変後の不具合や、プラグインに起因する不具合は、こちらでは原因が特定できないためサポート対象外となります。
テーマ編集を行う際は必ず必ず必ずバックアップを取ってから作業することをオススメします!

サイドバーが下に回り込んでレイアウトがおかしくなってしまいました。
サイドバーが下に回りこんでしまう主な原因はHTMLタグの記述間違いです。
特に<div>〜</div>タグの閉じ忘れに注意です。

外部サービスの貼付けコードを記事やウィジェットにコピペで挿入する場合も、
うっかり何か一つでも必要なタグを消してしまったり、正しくコピペ出来ていなかったりすると、
レイアウトが崩れる原因になります。
不具合が出る直前のコード記述作業を今一度じっくり見直してみてください。

カテゴリーページ・アーカイブページのサムネイル画像一覧が綺麗に並びません。
カテゴリーページ・アーカイブページのサムネイル画像一覧の並びが崩れてしまう原因は、
1)サムネイル画像の高さがバラバラになっている
2)タイトル&抜粋の文字数が多すぎる
のどちらかがほとんどです。

まずはサムネイル画像のサイズを揃えて作成しましょう!それだけで綺麗に並んで美しいサイトになりますよ!
各テーマの詳細ページに記載されている「サムネイル推奨サイズ」を参考にアイキャッチ画像を作成してください。
レスポンシブテーマでギャラリーレイアウトの並びが崩れる場合の対処法 >

タイトル&抜粋の文字数を変更するには、
index.phpテンプレート内(またはcategory.php)の以下の一文を変更するだけでOKです。

変更前:<div class=”item-text”><?php the_excerpt(); ?></div>

変更後:<p class=”item-text”><?php echo mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 44); ?><a href=”<?php the_permalink(); ?>”>…</a></p>

*「<」と「>」は半角の「<」と「>」に置き換えてください。
*「44」の部分が最大表示文字数です。レイアウトが崩れない範囲でお好みで調整してみてください。

長ーーいURLや、アルファベットの羅列だと枠を突き抜けて改行されません。
元々ブラウザは自動では改行しない仕様ですので、CSSで微調整してあげれば解決します。

スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマ編集)を開いて、
最初の方の『基本設定』の中にある、
body { xxxxxx } のブロックに、
word-wrap:break-word;
overflow-wrap:break-word;
の2行を追加すると、自動で改行するようになります。
お試しください。

ただこのCSSは時代と共に変更される可能性もあるので、詳しくはGoogleで最新情報を確認してください。

サイト表示が最新の状態になりません。更新しても更新前の情報が表示されたままです。
記事の更新、テーマ編集(HTML/CSS/PHPコードカスタマイズ)、設定・ウィジェットの保存を行なったのに、
実際のサイト上には反映されない!という場合は、キャッシュが原因です。
キャッシュというのは、1度目にサイトに訪れた時に読み込んだデータを記憶させて、
2度目のアクセスではサーバーからデータを読み込まない分、
高速でサイトが表示できるWebの仕組みです。

キャッシュ系プラグインを利用している場合は、
プラグインの管理画面から「キャッシュをクリア(削除・開放)」すればOKです。

Chrome/Firefox/Safariなどのウェブブラウザ自体のキャッシュが効いている場合は、
ブラウザの環境設定画面から「閲覧履歴データを消去(キャッシュされた画像とファイルの削除)」を行なうと、
ブラウザに残っているキャッシュがクリアされて、サイト上のデータが更新されます。
ご利用のブラウザによって方法は多少異なりますので、Googleで検索してみてください。

Folcloreでアイキャッチ画像を横長サイズで使いたい。その場合の余白を調整したい。
テーマ「Folclore」のアイキャッチ画像は1:1の正方形を想定していましたが、
3:2や4:3や16:9など横長サイズでも使いたい!余白も綺麗に揃えたい!という場合は、
以下の解説をご覧ください。
【アップデート情報】Folclore:アイキャッチ画像を横長で使用する場合の余白を調整しました(Ver.20181203)

<プラグイン・外部サービス貼付けコード(広告/アクセス解析/SNSパーツ/ブログパーツ)関連>
プラグインが正しく動きません。有効化できません。エラーが出ました。
他社製プラグインに起因する不具合に関しては、無料サポート対象外ですので、
各プラグインの作者のヘルプをご確認ください m(_ _)m

プラグイン独自のコードを吐き出すものは、
テーマとの相性だけでなく、プラグイン同士の相性、サーバーとの相性、WordPressのバージョンと相性が合わないプラグインもあります。

プラグイン自体が動作しない場合は「jQueryのコンフリクトまたはサーバーとの相性」、
レイアウトがおかしくなる場合は「CSSのバッティング」が一番多い原因です。
何か不具合が出れば、プラグインを一旦全て停止して、一つずつ有効化して検証するか、
ブラウザに搭載されているデベロッパーツール等を使って原因を解明してみてください。

特にコードを自動で修正するタイプのプラグイン「header cleaner」や「lazy load」は設定次第では不具合が出ることがあります。

セルフピンバックを無効にする「No self pings」は、テーマ内に同機能が備わってますので不要です(有効にするとバッティングでエラーになる可能性があります!)。

Google Analyticsのアクセス解析コードはどこに貼付ければ良いですか?
フッター(ダッシュボード>テーマ編集>footer.php)の</body>直前に貼るのがオススメです。
または「All In One SEO Pack」などのプラグインから設定するのも簡単です。
外部埋め込み型サービス(Google Map・YouTube・Facebook・Twitter・Instagramなど)、アドセンス広告、ブログパーツの設置方法はどこで調べれば分かりますか?
まずは各外部サービス提供元の公式ガイドを確認してください。
またはGoogle検索で解説記事を参考にしてみてください。

通常はどのサービスでも分かりやすいところ「共有ボタン」「Embed」ボタンがあります。
ボタンをを押すと、専用の埋め込み用コードが発行されるので、
それを投稿や固定ページ、テキストウィジェットなどに貼り付けるだけです。

Google Map、YouTubeの貼り付けの際には、
レスポンシブ対応コードに変換してから貼り付けるのがオススメです。

Embed Responsively(コード変換サービス)
http://embedresponsively.com/

Google Map、YouTubeの埋め込みコードを貼付けても正しいサイズで表示されません。
レスポンシブテーマではコード内でのサイズ指定が無視される場合があります。
埋め込みコードに簡単なスタイルを付け加えることでレスポンシブ対応させる事ができます。
*独自のJavaScriptを使った埋め込みサービスなど、レスポンシブに対応させるのが難しいものもあります。

以下のサービスを利用すると簡単です!

Embed Responsively(コード変換サービス)
http://embedresponsively.com/

参考記事:iframeの埋め込みコード(Google Map・YouTube)をレスポンシブテーマに対応させる方法 >

Facebookのページプラグイン(タイムライン)を貼付けると高さが切れて正しいサイズで表示されません。
Facebookの公式ページプラグインでタイムラインや投稿を表示させる場合、
iFrameで発行されるコードだと高さが指定通りにならない場合があるので、
JavaScript SDKで発行されるコードの方に置き換えてみてください。

JavaScript SDKの方は2つ一組のコードになっていますが、使い方はiFrameのコードと同じです。
フッターやサイドバーなど表示させたいウィジェットを選んで、
1つのテキストウィジェット内に、発行された2つのコードを両方ともコピペすればOKです。

Twitterのタイムラインを貼付けると高さが指定したサイズで表示されません。

Twitterのタイムラインの高さがうまく合わない場合は、
簡単なスタイルを付け加えると埋め込みコードをレスポンシブテーマに対応させる事ができす。

レスポンシブテーマでTwitter埋め込みウィジェットの高さを指定する方法 >

Google AdSenseの広告が正しいサイズで表示されません。
Google AdSenseのレスポンシブ広告を貼付けた時に、サイズのおかしな広告が表示される場合は、Google公式のレスポンシブコードを画面サイズごとに出し分ける修正を行なってみてください。

レスポンシブ広告コードを修正する方法 – AdSense ヘルプ

また古いバージョンのMinimal WPテーマをご利用の場合で、
レスポンシブ広告が途中で見切れてしまう場合は、
テーマのスタイルシートの最後の方にある「レスポンシブ欄」から、
iframe { width: 100%; height:100%; max-width:XXXpx; }
という記述を削除してみてください。

上記どちらかの方法で解決できると思います。

楽天・アマゾン・ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクはどうやって貼り付ければ良いですか?
楽天・アマゾン・ヤフーショッピングの商品紹介アフィリエイトは、
各サービスが直接発行するコードを使うよりも、
モバイルに最適化されたコードを作成してくれる専用サービスを利用するのがお勧めです。

・商品紹介ブログパーツ「カエレバ」
・商品リンク管理WordPressプラグイン「Rinker」

それぞれの使い方は各サービスのQ&Aをご覧いただくか、
Google検索するとカスタマイズ方法など含め、詳しい解説がたくさんあります。

iFrame広告をレスポンシブテーマで正しいサイズで貼る方法を教えてください。
レスポンシブテーマの場合、テーマによってiFrame広告を貼ると下の方が切れてしまう場合があります。
スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集)>スタイルシート)の下の方の「レスポンシブ欄」にある、
iframeの高さ指定をautoから100%に変更してください。
またmin-heightの指定がある場合は削除してください。

例)
iframe { width:100%; height:auto; min-height:300px; max-width:960px;}

iframe { width:100%; height:100%; max-width:960px;}

PC用、タブレット用、スマホ用と4カ所ありますので、全て変更してください。

その際、すぐ下の行に「ins iframe {min-height: ***px;}」が指定されているテーマの場合は、
これも4カ所全て削除してください。

これで解決すると思います。

忍者AdMaxやAmazonのiframe広告で同様の症状が出る場合は、下記解説記事を参考にどうぞ。
忍者AdMax、Amazonの貼付け広告コード(iframe広告)をレスポンシブテーマで使う時に、広告画像の下の方が途中で切れるのを解決する方法 >

SNS共有ボタンを付けたら、下に大きな余白が出来てしまいました。
SNS共有ボタンを表示させるプラグイン「WP Social Bookmarking Light」や、
外部埋め込みボタンをレスポンシブテーマで利用する際に、
ボタンの下に余白が出来てしまった場合は、下記の解説を参考に微調整してください。

ソーシャルブックマークボタンの下に余白が出来てしまう時の対処法(レスポンシブテーマのiframe対策) >

<CSS3・アニメーション動作関連>
アニメーション動作がデモサイトと違う動きをします。ブラウザによって違う動きをします。

CSS3を使ったアニメーションは、
ブラウザごとの対応状況によって表示が異なる場合があります。

基本的にはパソコンのモダンブラウザ(Chrome・FireFox・Safari)最新版を優先で、
Internet Explorerでは、使用に問題がない範囲で、
装飾部分のアニメーション表示は省く、またはモダンブラウザ的なスムーズな動きを省略する、
というのが最近のWebの仕様(考え方)の主流となっています。

また、スマホでの表示・動作に関しては、
機種とブラウザとOSのバージョンの組み合わせが無限にある為、
アニメーション動作はアクセスする端末によって多少異なる前提です。

さらにご利用のサーバーによっては、自動的にキャッシュやCSS/JSの圧縮が効いていて、
デモサイトのようなアニメーション効果が出ない場合があります。
こちらに関しては、お客様のご利用の環境ごとに状況は異なりますので、まずはキャッシュをオフにして確認してみてください。

上記の点から、CSS3アニメーションに関しては、想定通りの動きにならない場合も、
使用自体に問題は無い範囲であり、あくまでも装飾部分の話ですので、
不具合ではなくデザインの優先順位の問題として考えていただければ幸いです。

3. 原因不明のエラー表示・サーバーエラー・WP本体/プラグインのアップデートで不具合が出た場合の解決方法・ヒント

<WP本体/プラグイン/テーマの新規追加またはアップデート直後の不具合>
WordPress本体、プラグインをアップデートした直後に不具合が出ました。
アップデート直後に不具合が出た場合は、
原因が「WordPress本体」なのか「プラグイン」なのか「テーマ」なのか「サーバー」なのか、
まずは特定する必要があります。
だいたいはプラグインのアップデートで仕様が変わった事がほとんどの原因だと思います。

簡単なチェック方法
1)WP Multibyte Patch以外のプラグインを全て停止する ⇒ 解決すれば原因は「プラグイン」
2)テーマをWPデフォルトのものに一旦変更する ⇒ 解決すれば原因は「テーマ」
3)どちらをやっても解決しない ⇒ 原因は「WordPress本体」「サーバー」

要注意なのがプラグインのバッティング・コンフリクト(衝突)
今まで正常に動いていても、プラグインのアップデート後に仕様が変わり不具合が出る事はよくあります。
特に「Head Cleaner」「Lightbox系」「Lazy Load系」は相性があるので要注意です!

また、データベースに自動でアクセスするバックアップ系、キャッシュ操作系は、
プラグインとサーバーの相性で不具合が起きることがあるので注意してください。

解決する方法
WP Multibyte Patch以外のプラグインを一旦全て停止して、
再度プラグインを1つずつ順番に有効化していき、原因となっているプラグインを特定する。
そのプラグインを無効化・削除にするか、同機能の別プラグインに置き換える。

.htaccessにデータを自動で書き込むタイプのプラグインが悪さをしてる場合は、
削除⇒再インストールしても、.htaccess内に不具合の記述が残ったままですので、
FTPでサーバーに接続して.htaccessファイルを修正する必要があります。

WordPress最新版の動作要件にご利用中のサーバーが対応してるかも要注意
古くからサイトを運営していると、サーバー(PHP・MySQL)のバージョンが古いままになっていることがあります。
WordPressの推奨動作環境も年々アップデートされていますので(公式サイトで要確認!)、
WordPress本体をアップデートした際に、ご利用サーバーが古いままで動作要件から外れてしまうことがあります。
そういった場合に不具合が発生する可能性もありますので、サーバーのバージョンも合わせてチェックが必要です。

サーバーのバージョンアップの方法などは、ご利用サーバーの管理者にお問い合わせください。

なんにしてもアップデートは必ず必ず必ずバックアップを取った上で行なってください!(大事なので3回言いました)

テーマを新規追加・有効化したら画面が真っ白・エラー画面(サイトに重大なエラーがありました。)になってしまいました!
テーマを新規追加・有効化、または別のテーマから変更したタイミングで、
画面が真っ白(エラー表示)になってしまった場合、
主に以下の原因が考えられます。

プラグインとの互換性、干渉の問題

特に、プラグインをたくさん追加して運営中の既存サイトにテーマを適用する場合、
どのテーマでもプラグインとのバッティングは起こり得ます。
特にコードを自動で変更する系・バックアップ系・キャッシュ系のプラグインです。

*「No self pings」は不要ですので絶対に入れないでください!
このプラグインを有効化したままテーマを有効化すると機能のバッティングを起こしてエラーになります。

干渉自体は予測不可能なので、通常は以下のような対処法をとります。

1)プラグインを停止してからテーマを有効化する
2)仮想環境で試してから本番環境で使う

もし真っ白になってしまった場合(管理画面も操作できない場合)は、
FTPソフトまたはサーバー管理画面のFTPファイルマネージャーを使って、
サーバーの中のプラグインフォルダ(www.exsample.com/wp-content/plugins/)に移動し、
プラグインフォルダをリネームして、プラグインを強制停止してください。

リネームの例)「plugins」→「_plugins」

プラグインフォルダ全体、または特定のプラグインフォルダ名を適当に変更します。
するとプラグインが強制停止して、通常通り管理画面から操作ができるようになります。
全てを一括で停止した場合は、管理画面から順番にプラグインを1つずつ有効化していき、
どのプラグインと干渉してるのか原因かを特定し、干渉するものを削除します。

どちらにしてもバックアップは大事なので、
テーマやプラグインの新規インストール前には、必ずバックアップを取ってください。

子テーマを作成しましたが、サイトが正しく表示されません。レイアウトが崩れました。子テーマのCSSを読み込みません。
子テーマの作成・設定手順に何かしら不備があると、
レイアウト崩れなど、サイト表示がおかしくなったり、
カスタマイズしたCSSが反映されなかったりします。

<表示がおかしくなる場合>
原因は子テーマのfunctions.php内の記述に誤りがあります。
親テーマのCSSが正しく読み込まれず、レイアウト崩れを起こします。
記述ミス、スペルミス、半角全角間違い、などなど、
子テーマ用のfunctions.php内の記述が正しいか、再度確認してみてください。

または、子テーマ用の「functions.php」を「function.php」として作成してしまった、
という単純なスペルミスが原因のエラーもよく起こります。
こちらも合わせてご確認ください。

<カスタマイズが反映されない場合>
子テーマのstyle.cssの記述に誤りがないか、再度確認してみてください。
記述方法が間違っていると正しく反映されません。

また、簡単なレイアウトデザインのCSSカスタマイズくらいなら、子テーマを使わずに、
WordPress本体の追加CSS(ダッシュボード>外観>カスタマイズ>追加CSS)に、
カスタマイズ用のCSSを記述するというやり方も簡単でオススメです。

子テーマの正しい作成方法・記述方法については、
全てのWordPressで共通ですので、WordPress公式解説またはGoogle検索をご利用ください。

参考:WordPress 子テーマの作り方 – Google 検索

操作中に突然画面が真っ白になってしまって何もできません!
WordPress本体で何らかの更新操作・新規インストール操作などをきっかけに、
画面が突然真っ白になって何もできなくなってしまった場合、以下の原因が考えられます。

・プラグイン自体の不具合または設定ミス
・プラグイン同士の互換性の問題(読み込み関数の干渉)
・WordPressのバージョンと、プラグインのバージョンが合わなくなった
・サーバー(PHP、MySQL)のバージョンと、WordPress・プラグインのバージョンが合わなくなった

更新やアップデート、新規追加、有効化などのタイミングで、
画面が真っ白になるエラーが突然起こることは稀にあります。
その多くは「プラグイン」が原因です。

たとえばサーバーの設定でPHP5.X→7.Xに変更する時など、
まだPHP7.Xに対応していないプラグインを有効化したままバージョンアップしてしまうと、
プラグインがエラーを出して、画面が真っ白で何もできない!ということが起こります。
同じように、WP本体、プラグイン、サーバーの3者間で、
必要動作条件であるバージョンの相違が起こると、このようなWP本体が動かなくなる不具合が発生します。

真っ白になってしまった場合は、管理画面にもログインできないので、
FTPでレンタルサーバーの中(www.exsample.com/wp-content/plugins/)に入って、
プラグイン名をリネームして、プラグインを強制停止して復活できるか確認します。
手動で「plugins」を「_plugins」などにリネームすると、全プラグインが強制停止するので、
一つずつ有効化して、どのプラグインが原因かを特定します。

*具体的な対処方法は「wordpress 画面が真っ白」で検索するか、
サーバー管理画面の操作方法に関しては、レンタルサーバー会社・サーバー管理者にお問い合わせ下さい。

Julietテーマを自動アップデートしたら海外の別デザインのテーマに変わってしまいました!

2017年5月13日以降、
Julietテーマのかなり古いバージョン(Version: 1.0)をご利用の場合、
海外製の同名別テーマ「Juliet By lyrathemes」の更新通知が届くという、
WordPress本体の自動更新システムのバグなのか、妙な現象が起こっています。

間違って有効化してしまった場合は、海外製テーマを削除して、
Minimal WP製のテーマを再インストールすれば、元に戻ります。

以下の記事を参考に対応してください。

【注意喚起】Julietテーマをご利用の方に。もし「新しいバージョンが利用できます。今すぐ更新」と表示が出ていても、 絶対に更新しないでください!>

WordPress 5.0にアップデートしたら新エディター「Gutenberg」で記事の下書き保存ができなくなりました!
WordPress最新版の動作要件にご利用中のサーバーが対応してるか要確認!

古くからサイトを運営していると、サーバー(PHP・MySQL)のバージョンが古いままになっていることがあります。
WordPressの推奨動作環境も年々アップデートされていますので(公式サイトで要確認!)、
WordPress本体をアップデートした際に、ご利用サーバーが古いままで動作要件から外れてしまうことがあります。
そういった場合に不具合が発生する可能性もありますので、サーバーのバージョンも合わせてチェックが必要です。

サーバーのバージョンアップの方法などは、ご利用サーバーの管理者にお問い合わせください。

Auto Post Thumbnailを最新バージョンにアップデートしたらアイキャッチ画像が表示されなくなりました!
Auto Post Thumbnailバージョン3.4.1以降は無料プランではアイキャッチが自動取得できなくなりました。
一つ前の3.3.3のバージョンを利用するか、
同機能の別プラグイン「XO Featured Image Tools」に置き換えればOKです。
WordPress 4.9にアップデートしたらコメント欄の上部にエラーメッセージが表示されるようになってしまいました!
WP4.9にアップデート後に、コメント欄の上部に以下のようなエラーメッセージが表示される場合があります。

Notice: Undefined variable: args in /wp-content/themes/xxxxx/comments.php on line 15

このエラーが出た場合は、以下の解説を参考に修正作業を行ってください。
一文を修正するだけで簡単に直ります。

【アップデート情報】全テーマ対象:WP4.9にアップデート後にコメント欄に表示されるエラーを解消しました(Ver.20171118)

ダッシュボード>外観の「Minimal WPカスタム」の項目がありません。

ダッシュボード>外観の中の項目「Minimal WPカスタム」や「テーマ編集(テーマエディター)」が表示されない・消える原因は、
主に以下の4つです。簡単に解決しますので、解決方法も合わせて確認してみてください。

1. マルチサイトにしている為に管理者権限が無い
→管理者権限(サイトネットワーク管理者)を確認してください

2. テーマ編集を停止させる設定のセキュリティープラグインを利用している
→プラグインを停止するか設定を見直してください。特に「iThemes Security」は要注意です。

3. wp-confing.phpに「define(‘DISALLOW_FILE_EDIT’, true );」が定義されている
→define(‘DISALLOW_FILE_EDIT’, false )に変更してください

4. functions.phpの記述を誤って変更してしまった
→バックアップから元の状態に戻してください

<WordPress本体の基本動作がおかしい!ログインできない!>
投稿した記事が「ページが見つかりません」になってしまいます。新着一覧からのリンクも飛べません。
投稿したはずの記事が見つからない、リンクが無くなっている、URLの形式がおかしくなっている等、
パーマリンク(ダッシュボード>設定>パーマリンク設定)を途中で変更し、
間違った設定をしてしまった場合によく起きる現象です。
一旦、パーマリンク設定を「基本」または「投稿名」に変更して、正しく表示されるか確認してみてください。

パーマリンクが基本のままなのにリンク先が無くなる不具合が出た場合は、
サーバーの設定がおかしい可能性がありますので、ご利用のサーバー管理者にお問い合わせください。

参考:パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

パーマリンク設定を途中で変更したら「ページが見つかりません」になってしまいました。
通常、パーマリンクは一番最初に設定したらその後は変更しないのが基本ルールです。
運営途中や制作途中でパーマリンク(ダッシュボード>設定>パーマリンク設定)を変更してしまうと、
それまでのURLとは書き換えられてしまうため、「ページが見つかりません」になります。
途中で変更した場合は、メニュー・カテゴリー・リンク等も再設定が必要になる場合があります。

一般的におすすめな設定は「基本」または「投稿名」です。

パーマリンクの使い方はとても重要ですので、以下のWordPress公式ドキュメントを確認して、正しい使い方を覚えてください。

参考:パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

サイトのアドレス(URL)の設定をいじったら表示されなくなりました。ログインできなくなりました。
WordPressのURL変更(ダッシュボード>設定>一般)は正しい手順でやらないとログインできなくなります。
URL設定に関してはテーマと特に関連のないWordPress基本設定ですので、
WordPress公式サイトのドキュメントを参考にして、正しい設定に直してください。

サイト URL の変更 – WordPress Codex 日本語版

万が一、ログインできなくなった時の解決方法は、
Google検索で解説がたくさん出てますので参考にしてください。
落ち着いてやれば簡単に解決できます。

参考:wordpress URL変更 ログインできない – Google 検索

パスワードが分からなくなりました!
パスワードがわからなくなってログインできなくなった場合は、
パスワードの再発行・変更を行えば大丈夫です。

参考:ログインパスワードを変更・再発行する – Google検索

ログインできなくなった時の解決方法は、
Google検索で解説がたくさん出てますので参考にしてください。

テーマファイルや画像ファイルのアップロード機能が働きません。
ファイルアップロード機能(メディア機能)が正常に動かない場合は、
サーバーの設定が正しく出来てない可能性が高いです。
だいたいは「セーフモードが有効になっている」ことが原因です。

サーバーの管理パネルから「セーフモードを無効」にしてみてください。
よく分からん!という場合は、お使いのレンタルサーバー会社のサポートにお問い合わせください。

テーマ編集・ウィジェット・メニュー等の「保存」ボタンを押しても403エラーになってしまい、更新・保存ができせん。
テーマ編集(phpやスタイルシートの編集)や、ウィジェットの保存ボタンを押した時に、
「403エラーメッセージ」が出る場合(または出たり出なかったりする場合)は、
WordPressを設置しているサーバーの設定に問題があります。

セキュリティ設定(WAF)の誤検知が原因であることが多いです。
サーバーの管理画面より「WAF設定を一旦OFF」に変更してみてください。
よく分からん!という場合は、お使いのレンタルサーバー会社のサポートにお問い合わせください。

プラグイン「SiteGuard」にWAFチューニング設定を追加することで簡単に解決する方法は以下の記事をどうぞ。
WordPress管理画面の設定で保存を押すと403エラーになる場合の解決方法(WAFチューニング)>

WordPress5.0以降のGutenbergエディタを使用すると「更新に失敗しました」や「更新中」で止まってしまいます。
WordPress 5.0から導入されたGutenbergエディターで記事投稿や編集を行う場合に、
「更新に失敗しました」となったり、「更新中」のまま動かなくなってしまうような、
通信エラーの不具合がまれに起こります。

これは原因は利用環境によって様々考えられますので、
以下の解決方法を試してみてください(簡単な順)。

・ブラウザのキャッシュをクリアする
・WordPressから一旦ログアウトして、再度ログインする
・全てのプラグインを一旦停止してみる
・サーバー(MySQLバージョン・PHPバージョン)がWordPress5.0以上の動作要件を満たしているか確認する
・サーバーのセキュリティ設定(WAF・REST API制限・国外アクセス制限など)にひっかかっていないか見直す
・Classic Editorプラグインを有効化して旧エディターを使う(Gutenbergを使うのを諦める)
・ドメインをSSLにする
・サイトアドレスとワードプレスアドレスを同じに設定する

です。

参考:wordpress5.0 公開に失敗しました – Google 検索

パスワード保護された投稿にパスワードを入力しても記事が表示されません
WordPressのコアファイルをいじったのでなければ、ほとんどがキャッシュの問題です。
サーバーまたはプラグインでキャッシュを有効にしているとパスワード保護投稿が開かないことがよくあります。
高速化を重視しているレンタルサーバーでは最初からキャッシュが効いていることが多いので、
キャッシュをクリアするか設定を見直してみてください。
突然「Parse error: syntax error XXX」のような表示が出てサイトが表示されなくなりました。ログインできなくなりました。
何らかの設定変更やテーマ編集またはアップデート後などに、
Parse error: syntax error, XXXXXXX in /XXXXXXX/wp-content/themes/XXXXXXX/functions.php on line 32
みたいなエラー表示が出て、サイトが見れなくなったり、ログイン出来なくなることがあります。

これは編集にミスがあって、変更してはいけないところを変更してしまったか、
記述にミスがあったか、余計な記述を追加してしまったか、
必要なものが上書きされてなくなってしまったか、というようなことが原因です。

この手のエラー表示が出た場合、外部からでは作業内容が分からないため原因の特定は不可能です。
なんとか自力で解決してください m(._.)m

最も簡単な解決策は、エラーが出る直前に行なった作業の「一つ直前」の状態に戻ることです。
それでもダメな場合はバックアップから復活するか、一番最初に戻って再インストールということになると思います。
(テーマ再インストールの際は、誤編集済みのテーマファイルを完全削除して、元の新しいファイルをインストールしてください)

<レンタルサーバーの設定変更・PHPやMySQLのバージョンアップ直後の不具合>
突然「Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference XXX」のようなエラー表示がサイトにでるようにりました。
レンタルサーバーの設定(PHPやMySQLのバージョン)を変更した直後や、WordPress本体バージョンアップした直後などに、

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /XXXX.php on line xxx
Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /XXXX.php on line xxx
Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /XXXX.php on line xxx

みたいなエラーがサイト上に表示されることがあります。

これはご利用のWordPressのバージョンとサーバーの環境が合っていないことが原因です。
ご利用のサーバーがWordPressの推奨動作環境を満たしているか、ちゃんと確認してください。
古いバージョンのWordPressを使い続けていて、サーバーを最新にした時などに起こりやすいです。

この手のエラー表示が出た場合は、動作環境を見直して正しい組み合わせに変更してください。
動作環境を正しく戻せばエラーは消えます。

*サーバーの操作方法に関しては、レンタルサーバー会社・サーバー管理者にお問い合わせ下さい。

画面が真っ白になってしまって何もできません!
レンタルサーバーの設定(PHPやMySQLのバージョン)を変更した直後に、
WordPress画面が真っ白になって何もできなくなってしまうことがあります。

これはご利用のWordPress/プラグインのバージョンとサーバーの環境が合っていないことが原因です。
たとえばサーバーの設定でPHP5.6から7.0〜に変更する時など、
まだPHP7.Xに対応していないプラグインを有効化したままバージョンアップしてしまうと、
プラグインがエラーを出して、画面が真っ白で何もできない!ということになります

真っ白になってしまった場合は、管理画面にもログインできないので、
FTPでレンタルサーバーの中(www.exsample.com/wp-content/plugins/)に入って、
手動で各プラグインをリネームして無効にすれば大丈夫です。

*サーバーの操作方法に関しては、レンタルサーバー会社・サーバー管理者にお問い合わせ下さい。

サーバーをSSLにしたら、スライドショーやスマホメニューが動かなくなりました!
サイトを常時SSL化する場合、正しい手順でコードの修正等を行なう必要があります。
SSL化の直後に不具合が出た場合は、http://⇒https://への修正漏れが発生している可能性があります。
全てのテーマファイルを「http://で検索して」再確認してみてください。
目視だけで作業をするとミスの可能性が高いです!

一番よくある手順の不備は、
jQueryの読み込みがhttp://のままになってしまっているパターンです。

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', 'http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js', array(), '1.7.1');
?>

<?php
wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js', array(), '1.7.1');
?>

正しくSSL化すれば、不具合は解消されます。

*現在発売中のテーマのVersion: 20170301以降は、最初からSSLに対応しています。

「502 Bad Gateway」「テーブルXXXはDISTINCTのリンクをSELECTクエリには存在しません」などのエラーメッセージが表示されます。
これらのエラーメッセージはレンタルサーバーのデータベースのエラーです。
主にプラグインがエラーを出していることが原因ですが、
何も設定を変更していなくても突然なることもあります。
このいったサーバー関連のエラーが出た場合は、レンタルサーバー会社・サーバー管理者にお問い合わせ下さい。
PHP 7.2.xにしたらデバッグモードで「Deprecated: Function create_function() is deprecated in /wp-content/themes/XXXXXX/functions.php on line XXX」とエラーメッセージが表示されます。
<とにかく原因不明の不具合>
何をしたか自分でも分からないけど、とにかく突然エラーが出て何もできないんです!
不具合の原因が「テーマ」なのか「WordPress本体」なのか、「プラグイン」なのか、「サーバー」なのか、
またはその他の原因があるのか、まずは特定する必要があります。
下記の手順でだいたいの原因が特定&解決出来ると思います。

1)WP Multibyte Patch以外のプラグインを全て一旦停止する
症状が治った場合 ⇒ 原因は「プラグインのバッティング・コンフリクト(衝突)」です。
(特に「Head Cleaner」「Lightbox系」「Lazy Load系」は相性があるので要注意です!)
解決する方法 ⇒ 全停止したプラグインを1つずつ順番に有効化していき、症状が再び出た時点のプラグインを停止。
症状が治らない場合 ⇒ 次の2番をお試しください。

2)WordPress初期テーマ(Twenty XXXXシリーズ)& 変更したWordPressの設定を初期状態に一旦全て戻す
症状が治った場合 ⇒ 原因は「WordPress本体の基本設定ミス・基本操作ミス・テーマ編集ミス」です。
解決する方法 ⇒ WordPress公式サポートで操作方法を確認。または同じ症状の解決策の記事がないかGoogleで検索
*特にパーマリンク設定は必ずデフォルトに戻してご確認ください!

3)スタイルシートだけ初期状態のものに一旦復元する
症状が治った場合 ⇒ 原因は「スタイルシートの編集ミス」です。
解決する方法 ⇒ スタイルシートをカスタマイズする直前のバックアップから戻すか、初期状態から再度カスタマイズをやり直す。

4)テンプレートファイル(phpファイル)だけを初期状態のものに一旦復元する
症状が治った場合 ⇒ 原因は「HTML/PHPのテーマ編集ミス」です。
解決する方法 ⇒ テンプレートファイルをカスタマイズする直前のバックアップから戻すか、初期状態から再度カスタマイズをやり直す。

5)上記の全部試してみても解決しない
解決する方法 ⇒ 原因は「サーバーの設定が正しくない」可能性が高いです。WordPressの推奨動作環境やバージョンと、ご利用サーバーの環境(PHPバージョンやMySQLバージョン)が合っていない等が原因です。詳しくはサーバー管理者に問い合わせてみてください。

6)最終手段、WordPress本体を再インストールする
症状が治った場合 ⇒ 原因は「WordPress本体のインストールが正常に出来ていないこと」です。

なんにしても必ず必ず必ずバックアップを取った上で作業してください!(大事なので3回言いました)

テーマ編集(CSS修正)・記事の修正・設定変更・ウィジェットの保存などを行なってもサイトに反映されません。
記事の更新、テーマ編集(HTML/CSS/PHPコードカスタマイズ)、設定・ウィジェットの保存を行なったのに、
実際のサイト上には反映されない!という場合は、キャッシュが原因です。

キャッシュというのは、1度目にサイトに訪れた時に読み込んだデータを記憶させて、
2度目のアクセスでは記憶したデータを表示させる仕組みです。
その都度、サーバーからデータを読み込まない分、
高速でサイトが表示できるWebの仕組みです。

PCでは反映されて(最新状態になって)、モバイルには反映されない(過去の状態が表示されたまま)など、
キャッシュシステムによって不具合が生じることがあります。

キャッシュ系プラグインを利用している場合は、
プラグインの管理画面から「キャッシュをクリア(削除・開放)」すれば解決します。

Chrome/Firefox/Safariなどのウェブブラウザ自体のキャッシュが効いている場合は、
ブラウザの環境設定画面から「閲覧履歴データを消去(キャッシュされた画像とファイルの削除)」を行なうと、
ブラウザに残っているキャッシュがクリアされて、サイト上のデータが更新されます。
モバイル版のブラウザも同様です。
ご利用のブラウザによって方法は多少異なりますので、Googleで検索してみてください。

また最近はレンタルサーバーにも最初からキャッシュ機能がついています。
名称はサーバー会社によって様々ですが、「高速化」「コンテンツキャッシュ」などの項目で、
キャッシュのクリア・設定ができますので、設定を見直してみてください。

「致命的なエラーをチェックするためにサイトと通信できないため、PHPの変更は取り消されました。」とエラーが出て、テーマ編集(PHP・CSS)操作ができません。
ご利用のWordPressのセキュリティ環境によっては、
管理画面から直接PHPファイルの修正ができない場合があります。

その場合は、レンタルサーバー管理画面の「ファイルマネージャー(FTP)」機能を利用すると、
サーバー上のWordPressファイル(/wp-contents/themes/テーマフォルダ/xxxx.php)が直接編集できます。
WordPressから操作するか、サーバーから操作するかの違いだけで、
編集作業はどちらから行っても全く同じです。

ファイルマネージャー機能の使い方はご利用のレンタルサーバーのQ&Aをご確認ください。

4. カスタマイズ・サイト運営のヒント

以下のヒント集は「無料サポート対象外」の内容です。ご了承いただける方のみご活用ください m(_ _;)m

<デザインカスタマイズ/スタイルシート(CSS)編集の基本・初歩編>
●●●部分のデザインを変更するにはどうすれば良いですか?どのファイルのどのコードを編集すれば良いですか?
デザインのカスタマイズは「ダッシュボード>外観>テーマエディター」から、該当ファイルを編集するのが全ての基本です。

WordPressテンプレートを自分好みのデザインにカスタマイズしたい場合、
ネットからコピペした簡単なCSSの追加や、プラグインでのカスタマイズなら簡単ですが、
それでは対応できないレベルの複雑なカスタマイズを行うには、
HTML、スタイルシート(CSS)、PHPの基礎知識が必須になります。

HTML/CSS/PHP編集を伴うデザインカスタマイズは無料サポート対象外ですので、
下記2つのリンクを参考にぜひご自身でチャレンジしてみてください!

参考記事:これ1つだけ覚えておくとWPテーマカスタマイズが劇的に捗るGoogle Chromeデベロッパーツールの使い方 >

参考リンク:HTML/CSS 記述方法ガイド(逆引き辞書・クイックリファレンス)

ーーー

ご自身でカスタマイズを行うのが難しい場合は、
有料のカスタマイズ代行サービス「ココナラ」をご利用ください。
プロが1件3,000円程度〜の格安でカスタマイズや修正作業をあっという間に代行してくれます。

<トップページ(スライドショー/イメージヘッダー)>
スライドショーをカスタマイズ(エフェクト変更・枚数変更・スライド停止・削除・1枚画像に変更)できますか?
Minimal WPテーマに最初からついてるスライドショーは、
「決まった枚数の写真が指定できる」以外にカスタマイズ設定はありません。

もし何か変更を加えたい場合は、別のスライダープラグインに置き換えるか、
大元のJQueryプラグイン「Cycle」の公式ページに詳しい解説が載っていますので、
そちらを参考にカスタマイズにチャレンジしてみてください。

<Cycle公式サイト>
http://jquery.malsup.com/cycle2/

*スライドショーのカスタマイズは無料サポート対象外ですのでご了承ください m(_ _;)m

<プチカスタマイズ>
画像の枚数を増やすor減らす、丸々削除する、1枚の指定画像に変更するだけのプチカスタマイズなら、
こちらの解説を参考にすれば簡単に出来ると思いますよ!
スライドショーのプチカスタマイズ方法 >

スライドショーをトップページ以外(固定ページ・投稿ページ・カテゴリーページ等)で使えますか?
スライドショーは基本的にトップページでしか使えません。デモサイトの通りです。

また、表示設定(管理画面>設定>表示設定)でホームページの表示を「固定ページ」に設定した場合も、
スライドショーは表示されません。
「最新の投稿」でご利用ください(通常はこれがデフォルトです)。
Minimal WPのテーマは全テーマ、「最新の投稿」で正常に動作し、デモサイトと同じになります。

テーマ編集を自分で行なう場合はもちろんコードのコピペだけで色んな場所に表示させる事は可能です。
スライドショー関連のカスタマイズ方法は無料サポート対象外ですので、各自でチャンレジしてみてください。

スライドショーにリンクを貼って特定の記事に飛ばす事はできますか?
デフォルトのスライドショーはシンプルに画像を表示するだけの機能ですので、
コンテンツスライダーのようにリンクを貼ったりする事はできせん。

リンクを貼りたい場合は、カルーセルプラグインに置き換えるのが簡単です。
カルーセル・スライダープラグインはもう腐るほど無料のものがありますので、
まずはGoogleで「WordPress プラグイン カルーセル」または「WordPress プラグイン スライダー」と検索して、
お好みのものを探してみてください。
レスポンシブ対応で簡単に使えるシンプルなWPプラグインだと「Smart Slider 3」「Meta Slider」などが有名です。

スライドショーが付いていないテーマor1枚固定画像ヘッダーのテーマに、スライドショーを付けることはできますか?
Minimal WPのテーマには、
・「トップページにスライドショー(複数枚の画像が自動に切り替わる)機能が付いている」テーマ
・「トップページにイメージヘッダー(指定の画像1枚が表示される)機能が付いている」テーマ
・「イメージヘッダー自体が付いていない」シンプルなテーマ
の3種類があります。

デモサイトに元々スライドショーが表示されてないテーマは、スライドショー機能自体がありません。
*各テーマの注文ページまたはデモサイトにて動作をご確認下さい。

スライドショーを表示したい場合は、元々スライドショー機能が付いているテーマを選んでもらう方が早いのですが、
途中で心変わりしてスライドショーを付けたくなった!という場合などは、
スライドショー/スライダーのWordPressプラグインを利用してカスタマイズしてください。

スライドショープラグインは無料のものがたくさんありますので、
Googleで「WordPress プラグイン スライドショー」または「WordPress プラグイン スライダー」と検索して、
お好みのものを探してみてください。

レスポンシブ対応で簡単に使えるシンプルなWPプラグインだと「Smart Slider 3」「Meta Slider」などが有名です。
またはMinimal WPのスライドショー付きテーマで使っている「Cycle」というJQueryプラグインも便利です。

プラグインのカスタマイズに関しては無料サポート対象外ですので、
使い方や設置方法は各プラグインのヘルプかGoogle検索をご利用下さい。

イメージヘッダーやスライドショーの画像サイズを推奨サイズ以外に変更できますか?固定幅から全画面、またはその逆にできますか?
トップページにあるイメージヘッダーやスライドショーの画像サイズは、
管理画面の推奨サイズ(デモサイトのサイズ)が基本です。
高さは指定が入ってないのでお好みで変更できますが、幅は固定です。
他のサイズで表示させたい場合は、CSSによるカスタマイズが必要になります。
イメージヘッダーをトップページ以外(固定ページ・投稿ページ)で使えますか?
固定ページ・投稿ページがランディングページレイアウトを選択できるテーマの場合、
イメージヘッダーを利用することが出来ます。

固定ページの場合は投稿画面右欄にある「固定ページの属性」から、
投稿ページの場合は投稿画面右欄にある「投稿の属性」から、
「ランディングページ」または「イメージヘッダー有りワンカラム」を選択して投稿すればOKです。

イメージヘッダー付きで作成した固定ページまたは投稿ページをトップページに指定することも出来ます。
表示設定(管理画面>設定>表示設定)でホームページの表示を「固定ページ」にし、
作成したページをプルダウンメニューから選択すればOKです。

イメージヘッダー(1枚固定画像)自体を削除することはできますか?
トップページにあるイメージヘッダー(指定の画像1枚が表示される)機能は使わないから、
画像が表示されないように削除したい、という場合は、
ダッシュボード>外観>テーマ編集>ヘッダー(header.phpまたはheader-top.php)、
または、
ダッシュボード>外観>テーマ編集>メインインデックスのテンプレート(index.php)から、
以下の部分を探して削除すればOKです。

<!– トップページイメージヘッダー画像 –>
<div class=”XXXX”>
<img src=”XXXXXX” alt=”XXXXX” />
</div>
<!– / トップページイメージヘッダー画像 –>

この部分を丸っと削除すればOKです。

余白は残したい(調整したい)という場合は、
画像部分(<img src=”xxxx”>の一行)だけを削除して、
お好みでCSSで余白を微調整してください。

<トップページ(ロゴ)>
ロゴ画像を簡単に無料で作る方法はありますか?
ロゴ画像は無料のロゴ作成サイトを使うと簡単です。
オススメは以下のサイトです。
ロゴメーカー(商用OK・無料)

また本格的なものを格安でプロに依頼するなら、
クラウドソーシングの「ココナラ」が便利です。

ロゴ画像をテキストのサイトタイトルに変更することはできますか?
サイトタイトルをロゴ画像じゃなくて、普通のテキスト表示に変更したい!という場合は、
単純にHTMLをちょろっと編集すればOKです。

下記の解説を参考にチャンレジしてみてください。
サイトタイトルのロゴ画像をテキストに変更する方法 >

ロゴ画像をRetinaディスプレイに対応させる方法を教えてください。
Retina対応の方法は色々ありますが、一番簡単だと思う方法をご紹介します。

ロゴ画像をRetinaディスプレイに対応させる簡単な方法 >

ロゴ画像をPC表示とスマホ表示でサイズを変えることはできますか?(スマホだけ小さくまたは大きくできますか?)
Minimal WPのテーマは、ロゴをPCとスマホで出し分ける設定はありません
(デモサイトの表示の通りとなります)ので、
もしスマホのみサイズを変更したい場合は、スタイルシートで調整してください。

例えば、PCはそのまま、スマホ表示時のロゴサイズだけ変更する場合は、
スタイルシートのモバイル指定欄(@media only screen and (max-width: 767px) )から

#header { height: XXXpx; }
.logo img { width: XXXpx; height: XXXpx; }
.header-inner { width: XXXpx; }

のような感じで、高さ・幅が指定されている部分を、
お好みのサイズに調整することで変更ができます。
単純に数字を大きくすればロゴは大きく表示されますし、
数字を小さくすればロゴも小さく表示されます。

こちらについては、テーマ編集が必要になるため、無料サポート外となります。
コードを見てご自分でできそうならチャレンジしていただくのもいいかと思いますが、
もし難しそうなら、ココナラのカスタマイズ有料代行をおすすめします。

ロゴの上のヘッダー最上部にキャッチフレーズ(サイトの説明)を挿入することはできますか?
デモサイトに説明文が表示されていない場合はカスタマイズが必要です。
これは簡単なワードプレスの標準カスタマイズで表示可能です。
以下の記事を参考にしてもらうと簡単に出来ると思います。

WordPressヘッダー最上部にキャッチフレーズ(サイトの説明)を挿入するカスタマイズ >

<トップページ(新着記事・サムネイル画像一覧)>
トップページの新着記事一覧(サムネイル画像一覧)を任意のカテゴリーのみ表示するように変更できますか?
トップページにギャラリーエリア(サムネイル画像一覧)があるテーマは、
基本は自動で全ての新着記事が表示される仕組みですが、
特定のカテゴリーを指定したり、特定のタグが付いた記事だけを任意で選ぶカスタマイズもできます。

下記の解説を参考にチャンレジしてみてください!
トップページのギャラリーの表示カテゴリーを変更する方法 >

または、ウィジェットの機能拡張プラグイン「Recent Posts Widget Extended」等を利用することで、
指定カテゴリー・タグのみを「最近の投稿ウィジェット」で表示させる、
という方法もあります。

トップページの新着記事一覧(サムネイル画像一覧)のタイトルや抜粋の文字数を変更できますか?
簡単にできます!

トップページの新着記事のタイトルや抜粋は、
index.phpの投稿ループ内にある以下のコードの「数字の部分」を変更するだけでOKです。

タイトル
<?php echo mb_substr($post->post_title, 0, 40); ?>

抜粋
<?php echo mb_substr(get_the_excerpt(), 0, 60); ?>

上の例では、それぞれタイトルは40文字、抜粋は60文字まで、という指定です。
この数字をお好みで変更すればOK。
アーカイブページやカテゴリーページも同様です。

これはWordPressの基本のタグを使った文字数制御なので、
さらに詳しくはGoogle検索でどうぞ。
wordpress タイトル文字数 – Google 検索 >

トップページの新着記事一覧(サムネイル画像一覧)の下に「ページャー/ページ送り」を付けられますか?
トップページの新着記事の下にページャーが付いていないタイプのテーマは、
コードのコピペだけの簡単なカスタマイズでページャーの設置が可能です。
wp-pagenaviのようなプラグインも不要です。

詳しくは下記の解説を参考にどうぞ。
トップページの新着記事一覧の下に「ページャー/ページ送り」を付けるカスタマイズ(プラグイン不要)

<メニュー関連>
サイト上部のグローバルメニューの色やフォントを変更することはできますか?
全てのデザイン変更は「スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマエディター)」から、
該当部分をカスタマイズすることで可能です。

どこをどう変えたら良いか?というのは、
以下の記事を参考にGoogle Chromeデベロッパーツールを利用すると簡単です。

参考記事:これ1つだけ覚えておくとWPテーマカスタマイズが劇的に捗るGoogle Chromeデベロッパーツールの使い方

My Songのクリックして表示されるグローバルメニューを常に表示させておくことはできますか?
理屈はCSSのdisplay: none;で非表示にしてるだけなので、それを外せばOKです。
やり方はわりと簡単です。
以下の解説記事を参考にどうぞ。

ハンバーガーメニューをクリックして表示されるメニューをPC時も常に表示させておくカスタマイズ方法(Love Letter・My Song)

スマホメニューの子階層(副項目)も常に表示させるようにできますか?
CSSでカスタマイズする方法は下記を参考にどうぞ。

スマホメニューの子階層(副項目)も常に表示させるカスタマイズ方法

スマホでドロップダウンメニューの子階層(副項目)をタップできるようにカスタムできますか?
Ver.20170301以前のテーマをご利用の方は、以下の方法で対応できます。

スマホメニューでドロップダウンが使えるようにするカスタマイズ方法

<フッター関連>
フッターの3列ウィジェットを2列や1列に自由に変更できますか?
フッターのカラムレイアウトはボタン一発で自由に変更できる、という仕組みではありませんので、
3列ウィジェットを2列や1列には変更できません。
変更する場合は、テーマ編集でfooter.phpをカスタマイズする必要があります。

下記リンクより基本グリッドサンプルを参考にしてもらうと、
カラム数の変更やレイアウト変更が簡単に出来ると思います。
基本グリッドサンプル

フッターの著作権表示・クレジットは削除してもいいですか?
Minimal WPのクレジットは消しても問題ありませんので、ご自由にどうぞ!

ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集)>テーマフッター
から不要な記述を直接削除すればOKです。

ご利用のWordPressのセキュリティ環境によっては、
管理画面から直接PHPファイルの修正ができない場合があります。

その場合は、レンタルサーバー管理画面の「ファイルマネージャー(FTP)」機能を利用すると、
サーバー上のWordPressファイル(/wp-contents/themes/テーマフォルダ/xxxx.php)が直接編集できます。
WordPressから操作するか、サーバーから操作するかの違いだけで、
編集作業はどちらから行っても全く同じです。

<サイドバー関連>
サイドバーに自動で表示される新着記事など、テーマ標準仕様で表示される項目を消せますか?
テーマによっては、サイドバーにウィジェット以外に新着記事などが最初から自動で表示されるテーマがあります。
管理画面からのオンオフスイッチはありませんので、それらが必要ない場合は、
サイドバー sidebar.php(ダッシュボード>外観>テーマ編集)から該当のコード部分を削除してください。
ソースコードの中にコメントが書いてあるのですぐに分かると思います。

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

サイドバーの新着記事(自動表示)の件数は変更できますか?
サイドバーに自動で表示されるタイプの新着記事は「5件」がデフォルトです。
これはボタン一発では変更ができません。
テーマ編集が必要になります。

◎ダッシュボード>外観>テーマ編集>サイドバー

sidebar.php内の新着記事のコードを探して、
<?php query_posts(“showposts=5”); ?>
の数字(「5」)を好きな数字に変更すると、件数が変更できます。

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

<文字・カラー・背景・テーブル・サイズ・HTML/CSS関連>
文字の色・サイズ・太さ・フォントの種類などは変更できますか?
文字周りの指定は全て、スタイルシート style.css(ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集))で調整します。

文字のサイズ:font-size
文字の太さ:font-weight
フォントの種類:font-family
色:color
背景:background

など、基本的なCSSをいくつか覚えるだけで簡単に変更できますので、
リファレンスガイド等を参考にお好みにカスタマイズしてください。

また、プラグインでエディタ(投稿画面)の機能を拡充できるものもありますので、Googleなどで検索してみてください。

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法は無料サポート対象外ですので、
基本的なHTML/CSSタグの使い方はリファンレンスガイドを参考にしてください。
下記のサイトは逆引き辞書として使えてとても便利で簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

スマホ表示の本文フォントサイズはどこで変更できますか?
文字周りの指定は全て、スタイルシート style.css(ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集))で調整します。

スマホ表示の本文フォントサイズは、
レスポンシブ(メディアクエリ)欄にある p { font-size: XXpx; } をお好みの数値に調整してください。

メニューのリンクの色・文字の大きさや太さ・マウスオーバー時のアニメーション等は変更できますか?
これらの指定は全て、スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集))で調整します。
CSS内の「トップナビゲーション」と書かれた辺りにメニュー関連は主に記述されています。

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法は無料サポート対象外ですので、
基本的なHTML/CSSタグの使い方はリファンレンスガイドを参考にしてください。
下記のサイトは逆引き辞書として使えてとても便利で簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

背景全体の色は変更できますか?背景画像を敷き詰めたりできますか?
ダッシュボード>外観>背景から変更可能です。
WordPress基本のカスタム背景という機能です。
カラーピッカーで色を指定したり、画像をアップロードして敷き詰めたりが簡単にできす。
スマホ表示時に文中の改行が無効になるのですが、PC表示と同様に改行アリにできますか?
現在発売中のレスポンシブテーマではスマホ表示時の「<br />(改行タグ)」は機能しない仕様です。
なので、文中に改行を入れていても、スマホ表示では無効になります。
最近の流行りと言うか、スマホで変な改行が多すぎてテキストが読みにくい問題を防ぐ為の仕様です。

もし、PC表示と同じように改行を有効にしたい場合は、
ダッシュボード>外観>テーマ編集>スタイルシートから、

.single-contents br { display: none; }

を削除すればOKです。

*目視で探すのは大変なので、テキストエディターで上記コードを「検索」して削除してください。

または、WordPress本体の追加CSS(ダシュボード>外観>カスタマイズ>追加CSS)に、
子テーマを利用している場合は子テーマのスタイルシートに、

.single-contents br { display: block; }

を追加することでも改行を有効化できます。

*トップページのウィジェットでも改行が無効になる場所があります。
.top-wide-contents br { display: none; }
など、投稿ページ用と同様の記述がCSS内にあるので、同じように削除すればOKです。
またはWordPress本体の追加CSS、または子テーマのスタイルシートに、
.top-wide-contents br { display: block; }
を追加することでも改行を有効化できます。

会社概要などのテーブル/表組をレスポンシブ対応にするHTML/CSSの書き方を教えてください。
会社概要などでよく使う、もっともシンプルで単純なテーブルを
CSSだけでレスポンシブ対応で作成する例を以下の記事で解説しています。

会社概要などでよく使う、テーブル/表組(レスポンシブデザイン対応)の作成方法>

●●●●の部分の横幅サイズを教えてください。ウィジェットやサイドバーや本文画像のサイズが分かりません。
基本的なサイズは各テーマの詳細ページに記載がありますので参考にしてください。

また、他の細かい部分のサイズを知りたい場合は、
ブラウザのデベロッパーモードを利用すると、簡単に要素のサイズを知ることができす。
詳しくは下記ブログ記事をご覧ください。
これ1つだけ覚えておくとWPテーマカスタマイズが劇的に捗るGoogle Chromeデベロッパーツールの使い方 >

<カテゴリー・アーカイブ関連>
カテゴリーページの記事一覧の表示件数をカテゴリーごとに変えることはできますか?
表示件数は全カテゴリー共通が基本です。
任意のカテゴリーのみ表示件数を変えるには、条件分岐を使うとできますが、
初心者には少々難しいので詳しくはGoogleで検索してみてください。
トップページやカテゴリーページの記事一覧にカテゴリ名を表示させることはできますか?
トップページ・カテゴリー・アーカイブの記事一覧には、
「日付」「カテゴリー名」「記事タイトル」「抜粋」「アイキャッチ画像」などが表示されますが、
テーマによって表示されるもの表示されないものが異なります。

これらは全てWordPress公式のテンプレートタグで指定されています。
(例えばカテゴリー名を表示する場合は「the_category」のように全世界共通で決まってます)
お好みのテンプレートタグをお好みの場所に記述するだけで、
情報を表示したり非表示にしたりのカスタマイズが可能です。

Googleで「wordpress+テンプレートタグ+カテゴリー」などで検索すると、
コピペだけで出来るカスタマイズの解説がいくつも出てきますので参考にしてください。

<ウィジェット関連>
ウィジェットの使い方を教えてください。ウィジェットはカスタマイズできますか?
ウィジェットはWordPress本体に元々備わっている標準機能です。
Minimal WPテーマでは標準機能のまま利用していますので(テーマ独自機能ではありませんので)、
各項目の詳しい使い方はWordPress公式サポートを参考にしてください。

ウィジェット自体ははとてもシンプルで簡単な仕様のものばかりなので、
実際に試しに使ってみれば説明不要ですぐに使い方はマスターできると思います。

テキストウィジェットを利用して、ガシガシとHTML/CSSで装飾・カスタマイズをしたい場合は、
以下のクイックリファレンスを参考にすると簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

また、ウィジェット機能をパワーアップする便利なプラグインも多数ありますので、Google検索で探してみてください。

最近の投稿ウィジェットに、特定カテゴリを表示させたり、サムネイル画像を表示させることはできますか?
WordPress標準仕様の「最近の投稿」ウィジェットは全記事の新着となり、カテゴリの指定ができません。
またサムネイル画像が表示されない、テキストのみのデザインです。

プラグインの「Recent Posts Widget Extended」などを利用すると、
特定カテゴリーだけ表示させたり、サムネイル画像を合わせて表示させたりすることができます。

他にもウィジェット機能をパワーアップする便利なプラグインは多数ありますので、Google検索で探してみてください。

テキストウィジェットに画像を貼ったりリンクを表示させたり、文字を大きくしたり、見出しを中央寄せにしたりするにはどうしたら良いですか?
テキストウィジェットに画像を貼ったりリンクを表示させたりするのは、
ごく一般的なHTML/CSSで記述すればOKです。

<画像を貼る(イメージタグ)>

<img src="http://xxx.com/xxx.jpg(画像のURL)">

<文字にリンクを貼る(リンクタグ)>

<a href="http://xxx.com(リンク先のURL)">リンクを貼りたい文字列</a>

<画像にリンクを貼る(リンクタグ)>

<a href="http://xxx.com(リンク先のURL)"><img src="http://xxx.com/xxx.jpg(画像のURL)"></a>

文字を大きくしたり太字にしたり中央寄せにしたり、といった装飾関係は、
記事の新規投稿画面を使って下書きして、
テキストモードで表示されるHTMLコードを丸っとコピペすると簡単です。

例えば「大きな字で中央寄せ」にしたい場合は、こんな具合のコードが表示されるので、
<div style=”font-size: 26px; text-align: center;”>テキストテキスト</div>
コピーして、テキストウィジェットの本文内にコピペすればOKです。
*「<」と「>」は半角の「<」と「>」に置き換えてください。

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法は無料サポート対象外ですので、
基本的なHTML/CSSタグの使い方はリファンレンスガイドを参考にしてください。
下記のサイトは逆引き辞書として使えてとても便利で簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

テキストウィジェットのタイトルを中央寄せにするにはどうすればいいですか?
テキストウィジェットのタイトル・本文は左寄せが標準仕様です。
もし中央寄せにデザインしたい場合は、CSSで調整するのが簡単です。

テキストウィジェットまたはカスタムHTMLウィジェットのタイトル欄は空にして、
本文欄に直接HTML/CSSで記述すれば思い通りにデザインできます。

<div style=”font-size:18px; font-weight:bold; color:#333; text-align:center; padding: 0 0 3px 0;
border-bottom: 1px solid #ccc;”>タイトルのテキスト</div>

上記のような感じで、一般的なCSSは全て使えます。
*「<」と「>」は半角の「<」と「>」に置き換えてください。

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法は無料サポート対象外ですので、
基本的なHTML/CSSタグの使い方はリファンレンスガイドを参考にしてください。
下記のサイトは逆引き辞書として使えてとても便利で簡単です。

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

テキストウィジェットでショートコードを使うにはどうしたら良いですか?
WordPress基本仕様のウィジェットはショートコードが使えません。
例えば使いたいスライダープラグインなどがショートコードで貼付けるタイプの場合などは、
functions.phpにちょっと記述を追加するとテキストウィジェットでショートコードが使えるようになります。

/* ************************************************ 
*	テキストウィジェットでショートコードを使用
* ************************************************ */
 
add_filter('widget_text', 'do_shortcode' );

*Minimal WPテーマのVer.20170301以降は、上記のコードがあらかじめ仕込んであります。

詳しくはWordPress公式の解説、またはGoogle検索で調べてみてください。

カテゴリーウィジェットの順番を並べ替えることはできますか?
WordPress標準仕様のカテゴリーウィジェットは順番の入れ替えができせん。
「Category Order」のような順番の入れ替えが可能になる便利なプラグインがいくつもありますので、
Google検索で探してお好みのものを使ってみてください。
カテゴリーウィジェットの階層を表示させることはできますか?
以下のブログ記事を参考にスタイルシートを少々修正してみてください。
簡単に階層表示されるようになると思います。

カテゴリーウィジェットで「階層を表示」を有効にする方法 >

<プラグイン関連>
TwitterやFacebookなどのソーシャル共有ボタンはどうやって付けるんですか?
Minimal WPのデモサイトではプラグインを利用しています。

初期設定「STEP4:プラグインを利用したカスタマイズ例」 >

お問い合わせフォーム(メールフォーム)はどうやって付けるんですか?
Minimal WPのデモサイトでは「contact form 7」を使用しています。
設置方法や使い方等はプラグインの管理画面の中に本家のヘルプがあるので、そちらを参考にしてください。

初期設定「STEP4:プラグイン利用したカスタマイズ例」 >

トップに戻るボタン(右下の↑)をデザイン変更したり削除したり、好きなプラグインに置き換えたりできますか?
トップに戻るボタンは、jqueryフォルダに入っている「scrolltopcontrol.js」で制御しています。
http://xxx.com/wp-content/themes/xxx/jquery/scrolltopcontrol.js

scrolltopcontrol.jsのファイルを開いてもらうと分かると思うのですが、
<div style=”color:#CCC;font-size:28px;background:#fcfcfc;padding:8px 15px 12px 15px;border-radius:2px”>↑</div>のように、
普通にCSSでデザインを指定しているだけなので、
カラーや大きさ等はお好みでデザイン変更ができます。

また最初から表示されるものを削除して、
プラグインで好きなものに置き換えたいという場合は、
footer.php(ダッシュボード>外観>テーマ編集)の最後の方にある、
<script type=”text/javascript” src=”<?php echo esc_url( get_template_directory_uri() );?>/jquery/scrolltopcontrol.js”></script>
というJs呼び出しリンクの一文を削除すればOKです。

どちらにしてもバックアップを取って自己責任でお願いいたします m(..)m

デモサイトで使っているプラグインを教えてください。
Minimal WPのテーマは「WP Multibyte Patch」以外のプラグインは何も入れなくても基本的には使えます!
あれこれ入れすぎると不具合の原因になるので、厳選して追加することをお勧めします。
デモサイトで使用しているプラグイン、その他オススメの一覧はこちらの記事をどうぞ。

初期設定「STEP4:プラグインを追加してカスタマイズ」 >

Minimal WPテーマと相性が悪いプラグインはありますか?
まず、セルフピンバックを無効にする「No self pings」は、テーマ内に同機能が備わってますので不要です。

また、プラグイン同士のバッティング・コンフリクト(衝突)を起こして、
表示に不具合が発生する可能性があるプラグインもあります。

特に要注意なのが、「Head Cleaner」「Lightbox系」「Lazy Load系」です。
これらは設定を誤るとスライドショーや画像が表示されない、動作がおかしくなる可能性があります。

セキュリティ系の「iThemes Security」も設定を誤ると、テーマ編集が行えなくなる(管理画面内のテーマ編集のリンクが非表示になる)などがありますので、注意が必要です。

また、今まで正常に動いていても、プラグインのアップデート後に仕様が変わり不具合が出る事もあります。
デモサイトで動作確認済みで、特にお勧めな厳選プラグインは下記を参考にしてみてください。

初期設定「STEP4:プラグイン利用したカスタマイズ例」 >

<レスポンシブwebデザイン・スマホ対応関連>
ロゴ画像をRetinaディスプレイに対応させる方法を教えてください。
Retina対応の方法は色々ありますが、一番簡単だと思う方法をご紹介します。

ロゴ画像をRetinaディスプレイに対応させる簡単な方法 >

<レイアウトデザイン変更関連>
デザインを変更するにはどこを修正すれば良いのですか?スタイルシートって何ですか?
見た目のデザインやレイアウトを変更する場合は、全てスタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集))で調整します。
これは普通のHTML/CSSのホームページと同じです。
レスポンシブテーマの基本グリッドはresponsive.cssで指定しています。
基本グリッドサンプル

ファイルのどこの部分をいじったらいいか?というのは、
Google Chromeデベロッパーツールなんかを使うと簡単に見つけられます。
これ1つだけ覚えておくとWPテーマカスタマイズが劇的に捗るGoogle Chromeデベロッパーツールの使い方 >

Minimal WPではHTML/CSSの記述方法・カスタマイズ方法は無料サポート対象外ですので、
Googleで検索するか専門書を参考にチャレンジしてみてください!
自分で調べながら少しずつ覚えていくと、どんどん思い通りのサイトが作れるようになると思いますよ!
下記のサイトは基本を学ぶのにはとても役立ちます。

WordPress公式サポート >

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

●●●部分を移動・削除・追加・複製して、カスタマイズすることは可能ですか?
このご質問に対しては、
「どの部分でも(HTML/CSS/PHPの習得レベルによっては)可能です」という答えになってしまいます。

WordPressはHTML/CSS/PHPの知識に比例してカスタマイズが複雑に出来るようになります。
Minimal WPのテーマは、そういった知識が全く無い初心者の方でも使えるように、という思いで作られていますので、
画像の入れ替えやウィジェットを利用したコンテンツの追加などで、コードを知らなくて使えるようになっています。
ですが、デモサイトとは異なるレイアウトにしたい等のオリジナルカスタマイズをお考えの場合は、
少々の知識の習得が必要となって来ます。

Minimal WPではHTML/CSS/PHPの記述方法・カスタマイズ方法は無料サポート対象外ですので、
Googleで検索するか専門書を参考にチャレンジしてみてください!
自分で調べながら少しずつ覚えていくと、どんどん思い通りのサイトが作れるようになると思いますよ!
下記のサイトは基本を学ぶのにはとても役立ちます。

WordPress公式サポート >

超基本のHTMLタグの書き方 >

超基本のCSS(装飾コード)の書き方 >

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

右サイドバー⇒左サイドバーに変更できますか?
Minimal WPのテーマは基本的に左サイドバーのテンプレートを用意していません。
もし右サイドバーを左側に移動させたい場合は、
「ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集)」の右側に並ぶ、
テンプレートファイル(xxxx.php)から該当のファイル(single.phpやpage.phpなど)を選んで、
HTML編集(サイドバー部分のコードの入れ替え)をしてください。

コンテンツブロック内にある、
<!– 本文エリア –>と<!– サイドエリア –>の順番を前後入れ替えるだけです。
ソース内にコメントが書いてあるので分かりやすいと思います。

ただし、Ver.20170317以前のテーマファイルは、
カスタマイズ内容によっては投稿ループの表示がおかしくなることがありますので、
下記のアップデートの対策を行なってください。
【アップデート情報】販売中の全テーマ対象にコードの修正を行いました(Ver.20170317)

*テーマ編集は不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

●●●部分を非表示にする方法を教えてください。
Minimal WPのテーマは表示・非表示という設定項目はありませんので(ウィジェットをのぞく)、
不要な部分を削除する場合は「ダッシュボード>外観>テーマエディター(テーマの編集)」の右側に並ぶ、
テンプレートファイル(xxxx.php)から該当のファイルを選んで、
ソース内の不要部分のコードをごそっと削除してください。
ソース内にコメントが書いてある部分は分かりやすいと思います。

ファイルのどこの部分をいじったらいいか?というのは、
Google Chromeデベロッパーツールなんかを使うと簡単に見つけられます。
これ1つだけ覚えておくとWPテーマカスタマイズが劇的に捗るGoogle Chromeデベロッパーツールの使い方 >

*テーマ編集は不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

投稿ページや固定ページで、2列レイアウト・テキストの回り込み・列を組んでページレイアウトを作る等のやり方を教えてください。
投稿ページや固定ページでレイアウトを組む場合は、基本的なHTML/CSSの知識が必要となります。
CSSを知らなくても簡単にレイアウト組みができるプラグインもありますので、
詳しくはGoogleで検索してみてください。
2カラム⇒3カラム、3列レイアウト⇒2列レイアウトなど、テーマ全体のカラム数を変更する方法を教えてください。
Minimal WPで使用しているレスポンシブwebデザインの基本グリッドは、
全てresponsive.cssで制御しています。

CSSの基礎知識がある方なら、下記リンクより基本グリッドサンプルを参考にしてもらうと、
大幅なカラム数の変更やレイアウト変更が簡単に出来ると思います。
基本グリッドサンプル

*テーマ編集に関しては、不具合が生じてもサポートできませんので、自己責任で編集作業を行ってください。
必ず必ず必ずバックアップを取って作業することをオススメします!(大事なので3回言いました)

<その他>
SSLに対応させるやり方を教えてもらえますか?
現在発売中のテーマのVersion: 20170301以降は、最初からSSLに対応しています。

基本的なやり方は、サイト内の全ての「http://xxx〜」を「//xxx〜」に変更するだけです。
簡単な解説をブログに書きましたので、参考にどうぞ。
関連記事:常時SSL化(https化)の手順と注意事項まとめ

http:サイトをSSL(https://)化させる方法は、専門的な知識を必要とするので、もし不明点があれば、
Google検索を活用して試してみてください。

ちなみにSSL化するときの注意点としては、
スマホメニューやスライドを動かすためにヘッダーで読み込んでいるjQueryスクリプト、
シングルページにあるパンくずリスト、フッターのクレジット等も、
忘れずにSSL対応(http://xxx〜⇒//xxx〜)させる必要があります。
テーマファイル全体を「http」で検索すると見逃しが無いですよ。

jQueryの最新版(または1.9.0以上)を使えますか?
Minimal WPのテーマはスライダーやスマホメニューにjQueryのバージョン1.x系を利用しています(主に1.7.1〜1.8.3)。
1.9.0からAPIが変更になっているため、単純にバージョンアップするだけだと動作に不具合が出る場合があります。
どうしても1.9.0以降や2.x系を使いたい場合は、
テーマヘッダー(haeder.php)に「jQuery Migrate plugin」を読み込ませればOKです。

<script src="http://code.jquery.com/jquery-migrate-1.2.1.min.js"></script>

詳しくはGoogle検索でjQuery Migrate pluginを検索してください。

5. 商品について・購入前によくある質問

<WordPressの基礎知識・ホームページの基礎知識関連>
WordPressってなんですか?テーマ(テンプレート)ってなんですか?
WordPressは、ブログ感覚で自分で自由に更新が出来るホームページの仕組み(プログラム)です。
レンタルサーバーにインストールする事で、無料で誰でも使う事ができます。
現在では世界中で一番多く使われているプログラムです(全世界のサイトの3割以上がが使用!)。

テーマ(テンプレート)と言うのは、サイトの見た目のデザインの事です。
WordPressの管理画面からインストールして使います。
テーマをインストールすると、デザインされた枠組みを簡単に自分のサイトに導入できます。
ダウンロードできるテーマファイルは、デザインの枠組みのみで、中身の文章データは空っぽですので、
現在のサイトを運営したまま瞬時にテーマを着せ替えることも可能です。

またデモサイトにあるようなメニュー・ギャラリー・コンタクトフォーム等は最初から設定されているわけではありません。
自分の好きなようにメニューを決めたり、ページを作成したり(必要であればプラグインを追加したり)、
誰でも簡単にデモサイトと同様のホームページがあっという間に作れます。

*サーバーインストール型のWordPress.orgと、レンタルブログ型のWordPress.comとは別物ですので要注意!
テーマを自由にインストールできるのは、WordPress.orgです。

WordPress公式サイト
http://ja.wordpress.org/

ドメインやサーバーは自分で用意するのですか?契約方法・設定方法を教えてもらえますか?
ワードプレスでホームページを作成するには、自分でドメイン取得&サーバー契約をする必要があります。
WordPress簡単インストール機能が付いている下記レンタルサーバーなら導入はワンクリックで簡単です。

サーバー設定に関しては、ご利用になるサーバー会社の公式解説をご確認ください。

初心者の方向けに、ドメイン・サーバーの取得からWordPressのインストールまでの手順をイチから順番に解説しました。
こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。
【参考記事】ドメイン取得・サーバー契約から初期設定・WordPressインストール・テーマ有効化までの手順 >

WordPressのインストール方法・設定方法、基本的な操作方法などは教えてもらえますか?
ごめんなさい、あくまでもデザインテンプレートの販売サイトですので、
プログラム本体であるWordPressの基本操作に関する技術的サポートは行っていません。

すでにWordPressが正しくサーバーにインストールされた状態でご利用いただくことを前提としていますので、
初期設定や投稿方法など、利用テーマに関わらず一般的に行なわなければいけない基本の操作方法については、
各自でWordPress公式のドキュメントを参考に行なってください。

また、WordPressプラグインの使い方は、それぞれの作者の公式解説をご覧ください。

無料ブログしか運営したことがなくても、WordPressは使えますか?
無料ブログが更新ができれば、まず問題ありません。
基本はだいたい同じような感じだからです。

<必須の知識と技術>
・基本的なPC用語を理解している(「コピー」「ペースト」「ロゴ」「フォルダ」「ダウンロード」「アップロード」等の意味が分かる)
・基本的なPC操作ができる(「コピー」「ペースト」「ダウンロード」「アップロード」「フォルダの圧縮・解凍」など)
・最低限の画像の編集ができる(ロゴの作成、画像サイズの変更)
・サーバーやドメインを自分で申し込むことができる(サイト上の手順解説を読んで手続きができる)
・つまづいたら自分で調べられる(WordPress本体はオープンソースなので自分で調べるのが基本)

以上、これはWordPressや無料ブログに限らずですが、
ごくごく一般的なパソコン操作はマスターしている必要があります。

難しいデザインレイアウトのカスタマイズを行わないのであれば、
HTMLやCSSの知識もほとんど必要ありません。
ただし、もっとこうしたい!デザインを変更したい!機能を追加したい!という要望が出てきたときは、
ご自分でGoogle検索を駆使して調べたり、簡単なコードを覚える必要が必ず出てきます。

ここから先は無料では誰も教えてくれませんので(無料解説記事が腐るほどありますが)、
ステップアップのチャンスと思って、ぜひ楽しんでチャレンジしてみてください!
サイト運営を楽しめる人なら、最初は知識や記述が不足していても何の問題もないと思います!

レスポンシブwebデザインってなんですか?
レスポンシブwebデザインというのは、見る人の端末ごとに自動でレイアウトが変わるデザインです。
いわゆるスマホ対応がされているサイトのことです。

レスポンシブwebデザインのWordPressテーマを利用すると、
サイトに訪れた人の端末に合わせて自動でレイアウトが最適化されますので、
PC用・スマホ用・タブレット用とサイトをいくつも作成する必要がありません。

スマホやタブレットで、デモサイトにアクセスして実際の動作を確認してみてください。

<テーマ関連>
商品に含まれるものは何ですか?設定マニュアルは入っていますか?
ダウンロードデータに含まれるのは「テーマファイル(zipファイル)」のみです。
PDFマニュアルやデモサイトのインポート用xmlデータなどは含まれません。

Minimal WPテーマの設定方法等のマニュアルは全て当サイト上に公開しています。
(そもそもマニュアルと言うほどの難しい設定は必要ありませんが)
初心者の方でも出来るだけめちゃくちゃ簡単に使えるように作成していますので、
下記の解説記事を参考にしてください!

Minimal WPテーマの設定方法 >

商品の仕様についての説明はどこに書いてありますか?
各テーマの仕様や機能については、各テーマ詳細ページ(注文ページ)内に全て記載があります。
デモサイトと照らし合わせながら、購入前にじっくりと確認・ご検討ください。

全てのテーマで実際に動作するデモサイトが用意されていますので、
十分動作確認していただき、納得の上でご購入してください。
スマホやタブレット実機でも確認してみることをおススメします。

購入後に「思っていたのと違うじゃん!」となっても返品・交換はできせんので、
仕様についての不明点は必ず購入前にご確認いただくか、
不明点・不安な部分が解消しない場合は、なにとぞ購入をお控えくださいませ m(_ _;)m
また、購入後にその不満点や認識のズレを解決・解消する為の技術的サポートは、
有料/無料問わず一切できませんので、あらかじめご了承ください。

*デモサイト内の文章に書いてあるものは全てダミーテキストです。最新情報は必ず各テーマ詳細ページをご確認ください。

対応しているWordPressのバージョン、ブラウザを教えてください。またスマホではどう見えますか?
WordPress4.5以降が対応しています。それ以下は動作保証外です。
セキュリティの問題もありますので、基本的には『最新バージョン推奨』です。
*無料レンタルブログ版のWordPress.comには対応していません。

ブラウザはモダンブラウザ(Chrome・FireFox・Safari)最新版、
Internet Explorer11(Win7/8.1)、Edge(Win10)で動作確認していますが、
ご利用の環境によっては不具合や表示の崩れが起こることもありますので、
十分にデモサイトをご確認の上、納得してからご注文ください。
特にInternet Explorerの下位バージョンをご利用の場合、表示や動作が一部他のブラウザと異なる場合があります。

スマホは機種とOSのバージョンの組み合わせが無限にある為、条件によっては正しく表示されない場合があります。
特に文字・フォントの見え方、画像の見え方、アニメーション動作などは、
OSのバージョンによって異なる場合があります。
また、Android4.4未満はセキュリティ上の問題がありますので動作対象外です。
5.0以降が推奨です。

ご注文前に必ずデモサイトを実機でご確認下さい。

テーマをインストールするとデモサイトと全く同じ内容になるのですか?
テーマ(テンプレート)と言うのは、サイトの見た目のデザイン(枠組み・レイアウト)の事です。
デモサイトにあるようなメニュー・投稿記事・ギャラリー画像・コンタクトフォーム等は最初から設定されているわけではありませんし、
サンプルページのようなテキストが自動で作られるわけでもありません。
(Minimal WP以外のテーマや、WordPress公式のテーマでも同様の仕様です)

ダウンロードできるテーマファイルは、デザインの枠組みのみで、中身の文章データは空っぽですので、
現在のサイトを運営したまま瞬時にテーマを着せ替えることが可能です。
そしてほんの少しの初期設定をしたり、お好きな記事を投稿することで(必要であればお好きなプラグインも追加できます)、
誰でも簡単にデモサイトと同様のホームページが作れます!

子テーマを使ってカスタマイズした方が良いですか?専用子テーマはありますか?
Minimal WPのテーマは自動アップデートがありませんので、
誤って自動更新でせっかくカスタマイズした親テーマを上書きしてしまった!
という事は起こらないとは思いますので、専用子テーマは用意していません。

初心者には子テーマの理解が難しいためトラブルの原因になりかねませんし、
簡単なCSSカスタムだけなら、子テーマを使うよりも、
WordPressの基本機能の「追加CSS(ダッシュボード>カスタマイズ>追加CSS)」を使う方が簡単で便利です。

もし上級者の方で複雑なテーマ編集・PHP編集・カスタマイズをするなら、
子テーマを使う方がオススメです。
その際はご自身で子テーマを作成してください。

子テーマの作り方自体は簡単ですので、Googleで検索してみてください。

管理画面はどんな感じになってますか?
管理画面は分かりやすく日本語で書いてあるので設定も簡単にできます!
Minimal WPのテーマは設定と言うほどの設定はほとんどないので(多くても3つだけ!)、
複雑すぎて使えない!なんてことはまず無いと思います。初心者に優しいテーマです。

基本的には画像のアップロード、コピー&ペースト、ドラッグ&ドロップだけで設定ができます。
設定が複雑になりがちな、OF/OFF(表示・非表示)選択、
複数パターンから1つを選択、などのややこしい項目はありません。

基本設定の解説記事にスクリーンショットも掲載していますので参考にしてください。

Minimal WPの基本設定 >

SEO対策はどうなっていますか?
基本的な内部SEO対策は施してありますので、読者に有益な記事を更新すれば優れた効果を発揮すると思いますが、
時期によってGoogle様のご機嫌一つでルールが常にコロコロコロコロ変わりますので、SEOに関しては一切保証することはできせん。
今日まで正しかった施策が、明日には全く役に立たないどころか逆にアウト!というのがSEOの世界です。
各自で納得のいくSEO対策を行ってください。

*当テーマを利用して運営してる実験ブログが月間48万PV超くらいまで伸びてきましたので、
(もちろん被リンクの購入やブラックハットSEO的なことは全くナシで!)
内部SEO対策はまずまず効果が出ているんじゃないかと思っています。

何はともあれ、まずはしっかりしたコンテンツ・文章をたくさん投稿することだと思います。
All in one SEO Packみたいな便利で簡単なSEOプラグインもたくさんありますので、
そういったのを活用することでより一層効果が高くなると思います。

将来WordPressがバージョンアップしても使えますか?
今までのワードプレスの歴史からすると基本的に問題なく使えると思いますが、さすがに未来のことは分かりません!
できるかぎりアップデート対応しますが、
将来的な動作保証はお約束できません、ということをご了承の上お買い上げください。
テーマの自動アップデート(自動更新通知)はありますか?最新版は無料でダウンロードできますか?
Minimal WPのテーマがバージョンアップ・アップデートされた場合の、
自動アップデート・自動更新通知・最新版の無料ダウンロード・差分ファイルの提供はありませんので、
あらかじめご了承ください m(_ _)m
サイト内でアップデート内容をお知らせしますので、そちらをご覧の上で対応をお願いします。
PHP 7.0.x〜に対応していますか?
現在販売中のテーマはPHP 7.1.x / PHP 7.2.x / PHP 7.3.x / PHP 7.4.xで動作確認済みです。

PHP 5.6.xからPHP 7.0.xにバージョンアップすると、
対応していないプラグインを使っている場合、画面が真っ白になってしまうエラーが出ますので、
バージョンアップはバックアップを取った上で慎重に行なってください。

*PHP7.2.XデバッグモードでDeprecatedエラーが表示される場合の解消方法は以下をご覧ください。
【アップデート情報】全テーマ対象:functions.php内の不要機能のコード削除(PHP7.2.XデバッグモードでのDeprecatedエラーの解消)を行ないました(Ver.20190128)

SSL(https://)に対応していますか?
現在発売中のテーマのVersion: 20170301以降は、最初からSSLに対応しています。

対応していないテーマでもSSLに対応させるのは簡単です。
作業手順の解説をブログに書きましたので、参考にどうぞ。
関連記事:常時SSL化(https化)の手順と注意事項まとめ

http:サイトをSSL(https://)化させる方法は、専門的な知識を必要とするので、もし不明な点があれば、
Google検索を活用して試してみてください。

レスポンシブテーマはRetinaディスプレイに自動対応していますか?
Minimal WPのレスポンシブテーマは、Retinaディスプレイへの画像の自動対応は特別にはしていません。
WordPress 4.4からデフォルトで実装されたレスポンシブイメージはもちろん使えます。

ロゴ画像は綺麗に見えた方がいい!と言う場合は、
下記に簡単なRetina対応のカスタマイズ方法を解説していますので、こちら参考にしてみてください!
ロゴ画像をRetinaディスプレイに対応させる簡単な方法 >

テーマ独自のショートコードは用意されていますか?
テーマ独自のショートコードがたくさん用意してあるのは、まあ便利な面もありますが、
途中でリニューアル等でテーマを変更した時にめっちゃくちゃ困ると思うので、
Minimal WPではテーマ独自のショートコードは用意していません。

もし必要な場合は、ご自身で用意していただくか、
「Shortcodes Ultimate」のような便利なショートコードプラグインが色々ありますので、
そういったのを活用した方が良いと思います。(プラグインならテーマに依存しませんので!)

<商用利用・著作権・ライセンスなど>
商用利用・クライアントワーク(受託制作)・第三者のサイト制作に使用できますか?
個人、法人、団体、商用、非商用、そろばんの実力問わず、誰でもご利用いただけます!
もちろんクライアントワーク(請け負い制作)でも特別な商用ライセンス不要でご利用いただけます。
サイト内容によって使用を制限する事はありませんし、
もちろん改変・改造もご自由にしていただけます。

必要な費用はテーマの購入代金のみです。特別ライセンスなどは必要ありません。
テーマ購入者=サイト所有者であれば、適用サイト数にも制限はありません。
テーマ購入者とサイト所有者が異なる場合は、サイト所有者ごとにご購入下さい。

また、提案書にデモサイトのURLやスクリーンショット等を掲載する必要がある場合、
常識の範囲内で自由に使用していただいて構いません。特にこちらへのご連絡も不要です!

1度購入したテーマを複数サイトで利用してもいいですか?
テーマ購入者が所有するサイトであれば、1度の購入で複数サイトで自由にご利用いただけます。
サブドメイン・別ドメインに関わらず別サイトで使う場合でも、追加購入の必要はありません。
テーマ購入者とサイト所有者が異なる場合は、サイト所有者ごとにご購入下さい。
WEB講座やセミナーの教材用に使う事はできますか?
シンプルで初心者向けのテンプレートですので、ワードプレス講座などの教材にも最適だと思います。
テンプレートのまとめ売りや割引などは対応しておりませんので、
受講者ごとに通常の手順でご購入下さい。
テーマに最初から入ってるサンプル写真はそのまま使っても良いですか?
もちろん問題ありませんが、デモサイトと同じになってしまいますし、他のサイトともかぶる可能性があるため、
せっかくの自分のサイトにオリジナリティが出ないので全くオススメはしません。
ぜひかっこいい写真を用意してください!今はフリー素材でも素敵なものがありますよ→https://unsplash.com/
著作権表示・クレジット・作者名・テーマ名などは削除/改変してもいいですか?
ご自由にどうぞ!
一部JavaScriptファイル内に作者表示の義務があるものがありますので、
それに関しては記載されてるライセンスに従ってください。
利用規約はどこで確認できますか?
お申し込み前に下記の利用規約は必ずご確認ください!
注文完了時点で利用規約に同意したものとさせていただきます。

利用規約 >

<購入前の素朴な疑問・不明点・お悩みごと>
テーマの仕様・機能についてデモサイトを見ても解説を読んでも分からない点があります。どこがテーマの機能で、どこがウィジェットで、どこがWordPressの標準機能なのか理解ができません。
Minimal WPのテーマ(デモサイト)には、おおまかに以下の部分があります。

1)テーマの独自機能で表示されている部分(ロゴ、スライドショー、イメージヘッダー、サイドバー新着記事など)
2)WordPressの標準機能で表示されている部分(メニュー、サムネイル画像、投稿ページ、固定ページ、カテゴリーページ、コメント欄など)
3)ウィジェットで表示されている部分(最近の投稿リスト、検索ボックス、トップページのテキストなど)
4)プラグインで追加表示されている部分(ソーシャルボタン、お問い合わせフォームなど)

WordPressやWebサイト制作が全くの初めて、または初心者すぎて、
デモサイトを見ても仕様や機能が全く理解できない、解説やQ&Aの意味も分からない、
不明点の質問もちゃんと出来そうにない!という場合は、
お互い不幸になりますので、なにとぞ購入をお控えくださいませ m(_ _;)m
まずは公式の無料テーマを使って、WordPressに慣れてからまたお願いします。

購入後に「思っていたのと違うじゃん!」となっても返品・交換はできせんので、
テーマの仕様や機能についての不明点は必ず購入前にお問い合わせいただき、
またWordPress一般の仕様や操作方法についてはWordPress公式の解説をご覧いただき、
それでも不明点・不安な部分が解消しない場合は、なにとぞ購入をお控えくださいませ m(_ _;)m

また、購入後にその不満点や認識のズレを解決・解消する為の技術的サポートは、
有料/無料問わず一切できませんので、あらかじめご了承ください。

全てのテーマに実際に動くデモサイトが用意されています。
十分に動作確認していただき、納得の上でご購入してください。
スマホやタブレット実機でも確認してみることをおススメします。

●●●なサイトを作るのに最適なテーマはどれですか?●●●な機能を備えたテーマはありますか?●●●のサイトで使われてるテーマはどれですか?●●●のサイトみたいなにカスタマイズできますか?サイト構成案の相談に乗ってもらえますか?
ごめんなさい、Minimal WPではメニュー構成案の作成や提案、
ヒアリング作業を含む個別案件のご相談はお受けしておりません。
単純にお好みのデザインで選んでもらうのが良いと思います。

WordPressは各自の使い方(プラグイン追加・デザインカスタマイズ)次第でどんなサイトでも作成可能ですので、
どういったサイトを作りたいのかデモサイトと照らし合わせて、ご自身でじっくり検討してからご購入ください。

有料カスタマイズやオリジナルデザイン作成はオーダーできますか?
ごめんなさい、現在のところ、無料・有料問わず、個別のデザインカスタマイズ依頼は承っておりませんので、
プロ技術者がネットで要望に応えてくれる「ココナラ」をご利用ください。
WordPressを運営するのにオススメのレンタルサーバーはありますか?
初心者の方には「WordPress簡単インストール機能」が付いている下記レンタルサーバーがおすすめです。
WordPressの導入はほとんどワンクリックで完了するのでスーパー簡単です。

簡単スタートパックについて(販売終了)
<こちらのオプションはすでに販売終了しています>

・2年目からのドメイン&サーバー利用料は年間9,999円(.jpドメインの場合は12,979円)が必要となります。
・契約期限が切れる30日前に翌年分のご請求メールをお送りしますので、更新される場合は期日までにご入金ください。
・メールアドレスが変更になった場合は必ず「更新期限より30日以上前」にお知らせください。
・解約する場合は、解約の旨をお知らせいただくか、期限内に更新料金のお支払いをしなければ契約終了となり、
 自動的にドメイン・サーバーも消去されます。
・2年目以降、契約期限が切れる45日以上前であればドメイン移管やサーバー譲渡なども対応できす。
・契約終了後は、いかなる理由があってもドメイン・サーバーとも復帰することはできませんし、ご対応もできせん。

6. お支払い・商品配送について

<お支払い方法・お申し込みについて>
支払い方法は何がありますか?
以下のお支払い方法が利用できます。

<Gumroad>
・クレジットカード(Visa/Master Card/JCB/American Express/Discover/Diners Club)

*Gumroadは海外決済のため、為替により実際の引き落とし金額が±1〜3%ほど変動しますのでご了承ください。
*またご利用のカードが海外利用不可の設定になっている場合はご利用いただけませんので、STORESをご利用ください。

<STORES>
・楽天ペイ(楽天IDに登録されているクレジットカード/楽天ポイント)
・PayPal(PayPalに登録されているクレジットカード)

*STORESに関するご質問はSTORESの公式ヘルプをご覧ください。

購入完了のメールが届きません。申し込みメールアドレスを間違えました。
通常はお申し込み完了と同時に自動返信で購入完了メール(商品ファイルダウンロードURL記載)が届きます。
10分程待っても届かない場合は、申し込みメールアドレスの入力間違いの可能性があります。

*迷惑メールフォルダに入っている場合もあるので、合わせてご確認ください。
*PayPal決済を利用の場合、注文から決済完了までに10分程かかる場合があります。

購入直後の画面に商品ダウンロードボタンが表示されるので、
万が一メールが届かなくても商品受け取りに関しては問題ないかと思いますが、
誤ってブラウザを閉じてしまってダウンロードも出来なかった場合は、
コンタクトフォームよりご連絡ください。
通常24時間以内(土日祝をのぞく)に、新たなダウンロードURLをお送りします。

コンタクトフォーム >

決済完了後のダウンロード画面が表示されません。ダウンロードができません。
通常は決済が正しく完了すると、瞬時にダウンロードボタンが表示されます。
また、自動返信ですぐに購入完了の通知メール(商品ファイルダウンロードURLも記載)が届きます。
*PayPal決済を利用の場合、注文から決済完了までに10分程かかる場合があります。

購入後のダウンロード画面も表示されず、10分待っても購入完了の通知メールも届かない場合、
決済自体が正しく完了していません。
この場合は、もう一度最初からご注文をお願いします。

また、まれにSTORESの「カード不正検知システム」の誤作動に引っかかって、
決済が正常に完了しない(自動返金される、または調査中のままストップしてしまう)ことがあります。
この場合は別のお支払い方法を選択して、再度ご注文ください。

購入完了の通知メールが届いているのに、ダウンロード画面が表示されない場合、
または何らかの現象でダウンロードが出来ない場合など、何か困ったことがあれば、
お気軽にコンタクトフォームよりご連絡ください。
通常24時間以内(土日祝をのぞく)に、新たなダウンロードURLをお送りします。

コンタクトフォーム >

STORESのクレジット決済で「返金されました」と表示されて、ダウンロードできません。
STORESの決済システムに備わっている「カード不正検知システム」の誤動作が原因です。
不正ではないのに、まれに誤感知して自動で返金処理になってしまう場合があります。
大変お手数ですが、別の決済方法で改めてご注文くださいませ。

以下の3つが利用可能です。

・Gumroad(各種クレジットカード/PayPalが利用可能)
・楽天ペイ(楽天アカウントに登録されているクレジットカードや楽天ポイントが利用可能)
・PayPal(PayPalに登録されているクレジットカードや現金残高が利用可能)

どちらもクレジットカード払いができます。

Gumroadのクレジット決済でセキュリティロックがかかり決済完了できません。
Gumroadは海外のクレジット決済サービスですので、
ご利用のカードの設定が「海外利用不可」になっている場合はご利用いただけません。
セキュリティロックが自動でかかり決済が完了しませんので、
その場合は、STORESの決済をご利用ください。
Gumroadのクレジット決済で引き落とし金額が商品価格と誤差があるのはなぜですか?
Gumroadは海外のクレジット決済サービスですので、為替変動の影響を受けます。

まずは注文時に「米ドル」換算で決済されます。
(決済画面で「クレジットカードへの請求金額はUS$93.53」のように表示されます)
実際の引き落としはその日の為替レートで換算された「日本円」の金額になります。

このため、通常は±1〜3%程度(数十円〜数百円)の範囲で引き落とし金額が表示価格と異なります。
ほんの少し定価よりも安くなったり高くなったり、完全に運なので何卒ご了承ください。
その分、消費税10%分をサービスとしてあらかじめ定価から値引きして調整しています。

<商品発送・商品ダウンロードについて>
購入したテーマはどうやって届きますか?いつ、どこからダウンロードできますか?
決済完了後、即時にダウンロードボタンが表示されます。
また、ダウンロードURLを記載したメールも同時に届きます。
*PayPal決済を利用の場合、メールが届くまで10分程かかる場合があります。

ダウンロードURLの有効期限は『7日間』です。
購入後はお早めにパソコンに保存してください。
有効期限内でしたら、再ダウンロード可能です。

ーー

購入されたファイルは圧縮ファイル(ZIPファイル)でダウンロードできすので、
解凍せずにそのままアップロードして、WordPressにインストールできます。
PCの設定でファイルが自動解凍になる場合は、再圧縮してからインストールしてください。

ーー

<ブラウザのエラー等でファイルダウンロードが出来ない場合は>

ブラウザのキャッシュトラブルやセキュリティソフトの問題等で、
ネット上からのファイルダウンロードがうまく出来ない場合は、別の方法でお届けしますので、
コンタクトフォームよりその旨、ご連絡ください。
通常24時間以内(土日祝をのぞく)に、新たなダウンロードURLをお送りします。

コンタクトフォーム >

購入完了メール(ダウンロードURLを記載したメール)が届きません。
クレジット決済でお申し込みいただくと、即時に自動返信でダウンロードURLが記載されたメールが届きます。
*PayPal決済を利用の場合、メールが届くまで10分程かかる場合があります。

もしメール自体が届いてなかったら、ご注文時のメールアドレスの記入間違いか、
間違って迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります(特にフリーメールの方はご注意!)。
また、キャリア携帯メールをご利用の場合、PCからのメール受信を許可していない等の理由で届かない事が考えられます。

通常、購入直後の画面にダウンロードボタンが表示されるので、メールが届かなくても特に問題は無いかと思いますが、
もしファイルのダウンロードも出来なかった場合は、コンタクトフォームよりご連絡ください。
通常24時間以内(土日祝をのぞく)に、新たなダウンロードURLをお送りします。

コンタクトフォーム >

商品ファイルのダウンロードボタンを押してもエラーになります。
決済が正しく完了して、有効期限内に商品ファイルダウンロードボタンをクリックしても、
エラーメッセージが出たり、何らかの現象でダウンロードが出来ない場合は、
コンタクトフォームよりご連絡ください。

ご利用のブラウザのキャッシュトラブルやセキュリティソフトの問題等が考えられますので、
別の方法で商品ファイルをお届けします。

コンタクトフォーム >

テーマファイルを削除・紛失してしまいました。再ダウンロードできますか?
ダウンロードURLの有効期限は『7日間』です。
購入後はお早めにパソコンに保存してください。

また初心者の方の場合、カスタマイズに失敗して再ダウンロードする必要が出てくることもありますので、
必ず元データのバックアップを残してから作業を行なってください。

何らかの理由で紛失・削除してしまった場合、有効期間が過ぎて再ダウンロードできない場合は、
新たなダウンロードURLをお送りしますので、コンタクトフォームよりその旨、ご連絡ください。

コンタクトフォーム >

<その他>
キャンセル・返品・返金・交換はできますか?
ごめんなさい、コピー可能なデジタル商品という特性上、
ご注文完了後はキャンセル・返品・返金・交換はできません m(_ _)m

ただし「初期不良」に関しては購入後7日以内であればいつでも返金対応いたします。
*初期不良=一般的な環境で同様の不具合を再現できる状態です。お客様の環境でのみ起こる不具合ではありません。

ダウンロード方法が分からない、解凍圧縮ができない等、パソコン操作知識の不備を理由とするキャンセル、
WordPress本体の使い方が分からない、他社製プラグインやサーバーの使い方が分からないなど、
当社商品自体の不具合とは関係のない理由でのキャンセルはお受けできません。

「思っていた仕様と違う!」という理由での返品もできませんので、不明点は必ず購入前にご質問ください
また、「注文する商品を間違えた!」という、注文間違いにはくれぐれもご注意ください!
この場合も交換・キャンセルはできませんので、ご了承ください。

領収書・見積書・請求書は発行してもらえますか?
ごめんなさい、書類作成の実務を省くことで低価格を実現していますので、
領収書・見積書・請求書・仕様書などの作成・発行は行なっておりません m(_ _)m

7. サポートについて

<無料メールサポート・有料カスタマイズサポート・緊急相談窓口>
無料メールサポートはありますか?
Minimal WPの独自設定(ほぼありませんが)が解説を読んでも分からない!
という場合のサポートは最優先の全力&速攻で行なっています(数時間〜1営業日以内の返信を心がけています)。
最近は設定自体を不要&超簡単にしたのと、「解説ページ」「Q&A」が充実したので、
初期設定でつまずく方はほとんどいなくなりました。
が、誰しもうっかり読み間違えやケアレスミスはありますので、何か困った事があればお気軽にご質問ください!

Minimal WPテーマの独自設定(解説のSETP2STEP3)の不明点のみ、
購入後30日間の無料サポートを行っています。

上記以外(コード編集を伴うカスタマイズ、WordPressの一般的な操作方法、サーバー関連など)のご質問は、
ココナラの有料サポートをご利用ください m(_ _;)m

購入者専用の無料サポート専用フォームはこちらから >

*なお、お客様によるテーマファイル(スタイルシートやPHPファイル)編集後の不具合、
他社製プラグイン追加後に発生した不具合、サーバーエラー、WordPress本体のプログラムエラー、
お客様のPC/モバイル環境でのみ発生する不具合に関しては、
外部からでは原因の特定が大変困難なため、サポート対象外とさせていただいています。

<サポートに関するMinimal WPのスタンス>

テンプレート(デザイン雛形)という商品の特性上、
HTMLやCSSなどのカスタマイズ知識のない方→簡単にデモサイトと同様のデザインでそのまま使っていただける
知識のある方・自分好みにカスタムしたい方→自己責任でカスタマイズするベースとして自由に使っていただける

そういったご利用方法を想定しています。

WordPressのカスタマイズ方法には、WordPress公式(独自)のタグや共通ルールがあり、
HTML・CSS・PHP・JavaScriptのカスタマイズ方法には、世界共通の記述ルールがあり、
それらは世界中のどのテーマをご利用になったとしても、必要になればその都度各自で習得が必要な知識です。

そのため、デモサイト以上のデザインカスタマイズ、テーマ編集(HTML/CSS/PHP編集)、
WordPressの基本的な使い方、プラグインの利用方法など、技術的サポートは行なっておりません。

もし、デモサイトのデザインでは満足できない!もっとカスタマイズしたい!という要望が生まれたら、
WordPress公式解説やGoogle検索を駆使してカスタマイズにチャレンジしてみてください。
どんなことでも自由に自分でカスタムできるのがワードプレスの楽しいところです!
格安の「ココナラのカスタマイズ有料代行」を利用するのも簡単で便利ですよ。

<WordPressの本体プログラムについて>
WordPressの本体プログラムは当社製品ではありませんので、
一般的な設定方法・操作方法、カスタマイズ方法、セキュリティ関連、
または何か不具合が起こった場合は 公式サポート をご活用ください。

<プラグインについて>
WordPressはプラグインを使うと、だいたいのことはできる拡張性がありとても便利です。
ただ、各プラグインに関しては当社製品ではありませんので、
基本的にはそのプラグイン作者の公式サポートをご利用いただくか、Google検索してみてください。

<レンタルサーバーについて>
レンタルサーバーの操作方法や、サーバー設定変更に起因する不具合やデータベースエラーに関しては、
もうこちらでは全く対処できないというか、サーバーごとにルールが違って手出しできませんので、
直接レンタルサーバー会社・サーバー管理者にお問い合わせ下さい。

ーーー

また、自分で色々と詳しく調べたいという場合には、以下のサイトがとても役立ちます。
ワードプレスを使いこなすコツは、「困ったことがあったらまず検索する」というクセをつけることです。
WPは全世界で最も使われているプログラムなわけで、解説も解決事例も必ず見つかります。

WordPress公式サポート >
HTML/CSSの記述方法ガイド >
Google検索「wordpress カスタマイズ」>
Google検索「wordpress エラー」>

カスタマイズ(テーマ編集・デザイン変更)サポートはありますか?
ごめんなさい、デザインカスタマイズに関するご質問を頂いても、お答えすることができせん!
また個別デザインオーダー・カスタムオーダーも承っておりません。

テーマファイル(HTML/CSS/PHP/JavaScript)編集を伴うデザインカスタマイズは、
ご自身でGoogleで調べてチャレンジするか、「ココナラのカスタマイズ有料代行」をご利用ください。
簡単なカスタマイズなら1件3,000円程度〜と格安で専門家が作業代行してくれます。

緊急のトラブルが発生しました。有料でも良いので質問や相談できるサービスはありませんか?
WordPress本体のプログラム、サーバー、データベース関連の緊急トラブルが発生して、
自分ではどうにもこうにもならない!元にも戻せない!という時には、
専門家に相談できる「ココナラの電話相談」が便利です。
最短15分(365日24時間)/質問1件1,500円〜と格安で専門家が解決に導いてくれますよ。