2012-01-11

STEP4:プラグインを利用したカスタマイズ例

STEP4は、プラグインを利用したカスタマイズ例を紹介します。
デモサイトにあるような「お問い合わせフォーム」を設置したり、
WordPress標準機能をパワーアップさせたり、SEO対策したりが簡単です。

◎ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索>いますぐインストール

プラグインは上記の手順で追加出来ます。
プラグイン名で検索して「インストール」するだけです。
インストールできたら「有効化」して使えるようにしておきます。

目次

  1. お問い合わせフォームを設置する方法
  2. ソーシャルボタンを設置する方法
  3. サムネイル画像を自動で作成する方法
  4. ウィジェットの機能を拡張する(最近の投稿にサムネイルを表示・カテゴリーの並び順を変更・特定のカテゴリ/デバイスのみ表示or非表示を選択など)
  5. 【重要】バックアップを自動で定期的に取る方法
  6. その他便利なプラグインの紹介

お問い合わせフォームを設置する方法(Contact Form 7)

コンタクトフォーム

デモサイトのContatのページを開くと、
おなじみの「お問い合わせフォーム」が設置してあります。
これは「Contact Form 7」というプラグインを利用すれば簡単に設置できます。

ダッシュボード>お問い合わせ>新規追加

プラグインを有効化すると設定画面が現れます。
左サイドメニューの「お問い合わせ」から「新規追加」でフォームを作成します。

お問い合わせフォームを作成したら、上部に表示されているショートコード
([contact-form-7 id=”” title=”お問い合わせ”]みたいなやつ)をコピーして、
固定ページで作成したContactページの本文に貼付けるだけで完成です。

*Contact Form 7は日本語ヘルプが充実しているので、参考にしてください。

 

ソーシャルボタンを設置する方法(WP Social Bookmarking Light・AddToAny Share Buttons)

WP Social Bookmarking Light ‹ p+m magazine — WordPress

ソーシャル共有ボタンは「WP Social Bookmarking Light」が便利です。
ウィジェットでフォローボタンも使える「AddToAny Share Buttons」も便利です。
お好きなやつを試してみてください。AddToAnyの方が動作が軽くて良いかも。

ダッシュボード>設定>WP Social Bookmarking Light

ダッシュボード>設定>AddToAny

プラグインを有効化すると設定画面が現れます。
好きなソーシャルサービスを選んで追加したり順番を変えたりするだけです。
また、デザインに合わせてCSSで余白等も調整できます。

参考リンク:
WP Social Bookmarking Light 使い方 – Google 検索
AddToAny Share Buttons 使い方 – Google 検索

 

サムネイル画像を自動で作成する方法(XO Featured Image Tools)

メディア設定

◎ダッシュボード>設定>メディア

  1. メディア設定で画像サイズの「サムネイルのサイズ」を、各テーマの詳細ページに記載されているサムネイル推奨サイズに設定
  2. 「サムネイルを実寸法にトリミングする」にチェックを入れる
  3. プラグイン「XO Featured Image Tools」を有効化

本文内の最初の画像を使って自動でサムネイルが作成されます。
この場合、本文最初に使う画像サイズ(縦横比率)を毎回統一するのが、
レイアウトを綺麗に保つコツです。

参考リンク:XO Featured Image Tools 使い方 – Google 検索

また、一般的によく使われる、functions.phpにサイズを指定する方法もあります。
詳しくは以下のWP公式ドキュメントを参照してください。

 

ウィジェットの機能を拡張する(最近の投稿にサムネイルを表示・カテゴリーの並び順を変更・特定のカテゴリ/デバイスのみ表示or非表示を選択など)

WordPress標準機能のウィジェットは基本的にカスタマイズが出来ませんが、
プラグインを活用すると機能が強化されて、とっても便利になります。
以下はオススメのウィジェット拡張プラグインです。

Recent Posts Widget With Thumbnails
「最近の投稿」ウィジェットにサムネイル画像を表示させることができます。
また表示させるカテゴリーも任意に選択が可能です。

Widget Options(ウィジェット設定)
特定のカテゴリーの記事の時だけ表示させるor表示させない、
特定のページだけ表示させるor表示させない、
PC/モバイル/タブレットで表示を切り替える、
ウィジェットのタイトルを非表示にする、
などなど、条件分岐が簡単にできるようになります。

Q2W3 Fixed Widget
画面をスクロールしてもサイドバーのウィジェットが固定されて、
常に表示するようにできます。

Category Order and Taxonomy Terms Order
「カテゴリー」ウィジェットのリスト表示を任意の順番に並べ替えることができます。

ウィジェットを便利にするプラグインは他にもたくさんありますので、
「こういうことできないのかな〜?」と思ったら、Google検索してみてください。
たいがいのことができます!

参考リンク:ウィジェット プラグイン – Google 検索

 

【重要】バックアップを自動で定期的に取る方法(UpdraftPlus)

WordPressは何は無くとも「バックアップが命」です。
何か不具合が出てもすぐに元に戻れるように必ずバックアップを取りましょう。
自動で全データを丸ごと定期バックアップしてくれる「UpdraftPlus」が便利です。

このプラグインは設定がほとんど無しでバックアップが簡単に取れます。
また、肝心の「復元」もワンクリックでとても簡単です。
さらに万が一の時に別サーバーへの移転も簡単に行えます。

ちなみにワードプレスで運営するサイトは、
「WP本体 × テーマ × プラグイン × サーバー(PHP) × 独自カスタム」
の組み合わせで、運営する人それぞれで無限にパターンがあります。
ですので、不具合が起こった場合に原因を特定することが難しい場合もあります。
そんな時もボタン一発で復元できるバックアップがあれば安心です。

参考リンク:UpdraftPlus プラグイン – Google 検索

 

6) その他、便利なプラグインあれこれの紹介

他にも色々な便利なプラグインがあります。
カスタマイズの幅がぐぐっと広がるプラグインをいくつか厳選しました。
参考にどうぞ。

◎必須
WP Multibyte Patch日本語でWordPressを使うには必須!
◎機能追加
WP Social Bookmarking Light
AddToAny Share Buttons
ソーシャルボタンを設置
Contact Form 7メールフォームを設置
Smart Slider 3スライドショー・コンテンツスライダー
動画ヘッダーを設置
Elementor Page Builderドラッグ&ドロップだけでデザイン自由自在
シンプルテーマとこのプラグインの組み合わせで
ほぼどんなデザインのサイトも作成可能
◎投稿機能を強化
Classic EditorWordPressの旧エディターが使える
XO Featured Image Toolsアイキャッチ画像を本文内最初の画像から自動設定
AddQuicktag投稿画面に定形文やHTMLタグのボタンを追加できる
Shortcodes Ultimate数十種類の装飾機能ショートコードが使えるようになる
◎ウィジェットに機能追加
Recent Posts Widget With Thumbnails最近の投稿ウィジェットで特定カテゴリを指定したり、
サムネイルを表示したり、CSSでカスタムできる
Widget Optionsデバイスごとやカテゴリーごとに表示をON/OFFにする等、
簡単にウィジェットの条件分岐ができる
Category Order and
Taxonomy Terms Order
カテゴリーの並び順を自由に変えられる
Q2W3 Fixed Widgetサイドバーのウィジェットをスクロールに追従させる
◎SEO対策・アクセスアップ
All in One SEO PackSEO対策の定番。
Facebook OGPもTwitter CardもXMLサイトマップも設定可能
Google Analyticsの導入もトラッキングIDを入力するだけ
WordPress Popular Posts人気記事を表示
Table of Contents Plus見出しから目次を自動に作成・表示
◎セキュリティー対策
SiteGuard WP Pluginこれ一つで様々なセキュリティー対策が可能
Akismetスパムコメントをブロック
Google Authenticatorログインを二段階認証にする
◎表示速度の高速化
a3 Lazy Load画像の遅延読み込みで表示速度を高速化
EWWW Image Optimizer画像を圧縮して表示速度を高速化
AutoptimizeHTML・CSS・Jsを圧縮最適化して表示速度を高速化
WP Fastest Cacheファイルをキャッシュして表示速度を高速化
(*サーバーによっては使用不可)
WP-Optimizeデータベースを最適化して表示速度を高速化
◎バックアップ
UpdraftPlusWordPressのファイル丸ごと定期的に自動バックアップ

 

プラグインの入れ過ぎは不具合のもと!要注意ですよ!

Minimal WPのテーマは「WP Multibyte Patch」以外のプラグインは何も入れなくても基本的には使えます。あれこれ入れすぎると不具合の原因になるので、厳選して追加することをお勧めします。「No self pings」は不要ですので入れないでください!

その他、カスタマイズ・運営のヒントは「よくある質問」やGoogleを活用ください!
また、月間45万PVブログの運営ノウハウ(集客・ライティング・収益化テクニック)を、note「人気ブログを作る10の秘訣」で公開中です!

*プラグインの使い方・カスタマイズ方法の無料サポートは行ってませんので、
各プラグインの公式ヘルプ、またはGoogleで最新情報をチェックしてください!
by
おすすめWordPressテーマ10選