2018-04-25

Q&A:投稿記事(シングルページ)で「サイドバー有り」or「サイドバー無し(1カラム)」はどうやったら選べますか?

ヴァージョン20171002以降のテーマをWordPress4.7以上でご利用の場合は、
固定ページと同様の手順で投稿ページでもレイアウト変更が出来ます。

投稿ページがサイドバー有り・サイドバー無し(1カラム)など複数レイアウトに対応しているテーマは、
投稿ページ新規投稿画面の右側に「投稿の属性」という欄があります。
そこの中の「テンプレート」というプルダウンメニューから、好きなレイアウトを選択すればOKです。

*「投稿の属性」の項目が表示されていない場合は、管理画面の右上にある「表示オプション▼」を開いて、
「投稿の属性」にチェックを入れてください。

ーーー

ヴァージョン20171002より古いテーマをお使いの場合、またはWP4.7より古いバージョンをお使いの場合は、
以下のプラグインをご利用下さい。

投稿記事(シングルページ)が数種類のテンプレート(サイドバー有り、1カラム、ランディングページ用など)に対応しているテーマは、
プラグインの「Custom Post Template」を有効化すると、
新規投稿画面の右側に「Post Template」という欄が表示されます。
そこのなかの「テンプレート」選択のプルダウンメニューから、好きなレイアウトを選択すればOKです。

*似たような名前のプラグインでうまく動かないものもあるので要注意!
*別のプラグインでも同様の事ができるものはあるので、色々試して気に入ったものを使ってください。

STEP4:プラグインを利用したカスタマイズ例 >

その他のWordPressのよくある質問

WordPressのトラブル・よくある質問の一覧を見てみる >

トラブルが少ないシンプルなWordPressテーマ

Minimal WPのシンプルでおしゃれなWordPressテンプレートは、
余計な機能や設定を徹底的に排除したミニマル仕様。
トラブルも少なく、初心者でも簡単に安心して使えます。

WordPressテンプレートのデザイン一覧を見てみる >

ホームページからの集客できてますか?

ワードプレステーマ「Minimal WP」
シンプルデザインのMinimal WPテンプレートを使えば、おしゃれなホームページやブログが誰でも自分で作れます。面倒な設定が不要なミニマル設計なのでWEB初心者でも簡単。集客やファン獲得に効果抜群です!
おすすめWordPressテーマ10選
by
Minimal WPオススメのレンタルサーバー
WordPressがワンクリックで簡単にインストールできる機能が付いている下記レンタルサーバーがオススメです。【保存版】初心者向けにドメイン・サーバーの取得からWordPressのインストールまでの手順をイチから完全解説しました。→WordPressサイトの始め方・完全手順

シンプルでおしゃれなワードプレステーマ「Minimal WP」