Facebook
RSS Feed
Jan 11, 2012

STEP4:プラグインを利用したカスタマイズ例

STEP4は、プラグインを利用したカスタマイズ例を紹介します。
デモサイトにあるような「お問い合わせフォーム」を設置したり、
「ソーシャル共有ボタン」を設置したり、と言ったことが簡単に出来ます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索>いますぐインストール

プラグインは上記の手順で追加出来ます。
プラグイン名で検索してインストールするだけです。
インストール出来たら「プラグインを有効化」をクリックして使えるようにしておきます。

<目次>
1) お問い合わせフォームを設置する方法
2) ソーシャルボタンを設置する方法
3) サムネイル画像を自動で作成する方法
4) 投稿ページで別レイアウト(ワンカラム等)を選択できるようにする方法
5) ウィジェットの機能を拡張する(最近の投稿にサムネイルを表示・カテゴリーの並び順を変更など)
6) その他便利なプラグインの紹介

1) お問い合わせフォームを設置する方法(Contact Form 7)

コンタクトフォーム

デモサイトでContatのページを表示すると、お問い合わせフォームが設置してあります。
これは「Contact Form 7」というプラグインを利用すれば簡単に設置出来ます。

ダッシュボード>お問い合わせ>新規追加

プラグインを有効化すると設定画面が現れます。
左サイドメニューの「お問い合わせ」から「新規追加」でお問い合わせフォームを作成します。

お問い合わせフォームを作成したら、上に表示されているショートコード
([contact-form-7 id=”” title=”お問い合わせ”]みたいなやつ)をコピーして、
固定ページで作成したコンタクトページの本文に貼付けるだけで完成です。

*Contact Form 7は日本語ヘルプが充実しているので、参考にしてください。

 

2) ソーシャルボタンを設置する方法(WP Social Bookmarking Light)

WP Social Bookmarking Light ‹ p+m magazine — WordPress

ソーシャル共有ボタンは「WP Social Bookmarking Light」が便利です。
もちろん他にも色々あるのでお好きなやつを試してみてもいいと思います。

ダッシュボード>設定>WP Social Bookmarking Light

プラグインを有効化すると設定画面が現れます。
好きなソーシャルサービスを選んで追加したり順番を変えたりするだけです。

また、「スタイル」タブでCSSによる見た目や余白の細かな調整もできます。
デザインに合わせてお好みで余白等を調整してください。

 

3) サムネイル画像を自動で作成する方法(Auto Post Thumbnail)

メディア設定

1)メディア設定(ダッシュボード>設定>メディア)で画像サイズの「サムネイルのサイズ」を
 各テーマの詳細ページに記載されているサムネイル推奨サイズに設定
2)「サムネイルを実寸法にトリミングする」にチェックを入れる
3)プラグイン「Auto Post Thumbnail」を有効化

これで本文内の最初の画像を使って自動でサムネイルが作成されます。
上記の方法でやる場合は、本文最初に使う画像サイズ(縦横比率)を毎回統一するのが、
レイアウトを綺麗に保つコツです(Minimal WPのテーマのサムネイルは3:2が基本です)。

また、一般的によく使われる、functions.phpにサイズを指定する方法もあります。
詳しくは以下のWP公式ドキュメントを参照してください。

 

4) 投稿ページで別レイアウト(ワンカラム等)を選択できるようにする方法(Custom Post Template)

Custom Post Template

プラグインの「Custom Post Template」を有効にすると、
投稿ページでも記事ごとに別レイアウトテンプレートを選択できます。

プラグインを有効化した後、投稿記事画面の右カラムの「Post Template」から、
プルダウンでお好みのレイアウトを選んで投稿すればOKです。

*テーマによって、あらかじめ「ワンカラム」や「イメージヘッダー付き」等、
Minimal WP製の別レイアウトが用意されている場合があります。
プラグインを有効化した後、管理画面でご確認ください(またはデモサイト参照)。
もちろん自作したテンプレートを読み込ませて選択することも出来ます。

 

5) ウィジェットの機能を拡張する(最近の投稿にサムネイルを表示・カテゴリーの並び順を変更など)

WordPress標準機能のウィジェットは基本的にカスタマイズが出来ません。

例えば、「最近の投稿」ウィジェットにサムネイル画像を表示させたり(Recent Posts Widget Extended)、「カテゴリー」の表示順を任意の順番に並べ替えたり(Category Order and Taxonomy Terms Order)など、
プラグインを利用することで、ウィジェットの機能を拡張する事が出来ます。

プラグインに関しては色々ありますので、Googleで検索してみてください。

 

6) その他、便利なプラグインあれこれの紹介

他にも色々な便利なプラグインがあります。
カスタマイズの幅がぐぐっと広がるプラグインをいくつか厳選しました。
参考にどうぞ。

◎必須
WP Multibyte Patch 日本語の不具合を直すやつ。必ず入れましょう!
◎機能追加
WP Social Bookmarking Light ソーシャルボタンを設置
Contact Form 7 メールフォームを設置
Smart Slider 3、Meta Slider等 スライドショー・コンテンツスライダーを設置
◎投稿機能を拡張
Auto Post Thumbnail アイキャッチ画像を本文内の画像から自動設定
Custom Post Template 投稿記事でも複数のレイアウトが選択出来るようになる
AddQuicktag 投稿画面に定形文やHTMLタグのボタンを追加できる
WP Add Custom CSS 投稿記事ごと・固定ページごとに個別のCSSを追加できる
◎ウィジェットに機能追加
Category Order and
Taxonomy Terms Order
カテゴリーの並び順を自由に変えられる
Recent Posts Widget Extended 最近の投稿ウィジェットで特定カテゴリを指定したり、
サムネイルを表示したり、CSSでカスタムできる
Q2W3 Fixed Widget サイドバーのウィジェットをスクロールに追従させる
◎SEO対策・アクセスアップ
All in One SEO Pack SEO対策の定番。
Facebook OGPもTwitter CardもXMLサイトマップも設定可能
Google Analyticsの導入もトラッキングIDを入力するだけ
WordPress Popular Posts 人気記事を表示
Related Posts 関連記事を表示
Broken Link Checker リンク切れを自動でチェック
◎セキュリティー強化/スパム対策
SiteGuard WP Plugin これ一つで様々なセキュリティー対策が可能
Akismet スパムコメントをブロック
◎表示速度の高速化
WP Fastest Cache ファイルをキャッシュして表示速度を高速化
(*サーバーによっては使用不可)
EWWW Image Optimizer 画像を圧縮して表示速度を高速化
Unveil Lazy Load 画像の遅延読込(スクロールに合わせて順番に表示させる)
◎データベース管理
WP-Optimize データベースの自動クリーンアップと最適化
WP-DBManager データベースを定期的に自動バックアップ

 

プラグインの入れ過ぎは不具合のもと!要注意ですよ!

Minimal WPのテーマは「WP Multibyte Patch」以外のプラグインは
何も入れなくても基本的には使えます。
あれこれ入れすぎると不具合の原因になるので、厳選して追加することをお勧めします。

その他、カスタマイズ・運営のヒント等は「よくある質問」やGoogle検索をご活用ください!

*プラグインの使い方に関しては無料サポートを行っていませんので、
各プラグイン作者・各サービスの公式ヘルプ、またはGoogleで最新情報をチェックしてください!
by |Posted in Minimal WPテーマの設定方法

関連記事

今月の人気のワードプレステンプレートBEST 3

WordPressテーマ(スマホ対応レスポンシブデザイン)「Folclore」
ビジネス・企業サイト / マガジン
WordPressテーマ(スマホ対応レスポンシブデザイン)White Studio
ビジネス・企業/コーポレートサイト/公式サイト