2014-07-02

WordPressのレスポンシブテーマでTwitter埋め込みウィジェットの高さを指定する方法

Twitterレスポンシブ化

Twitterの埋め込みウィジェットをレスポンシブWordPressテーマで使おうと思うと、
高さが指定したサイズにならない!とお困りの方はいらっしゃいますでしょうか。

Twitterに限らず、YouTube、Google Map、Facebookのライクボックス等、
各サービスで発行される埋め込みコードをブログに貼って使うことが多いですが、
この辺の主要サービスのコードはレスポンシブに対応していなかったりするので、
ただ貼付けるだけだとうまくいきません。
レスポンシブ対応に一手間加える必要があります。

WordPressのレスポンシブテーマでTwitter埋め込みウィジェットの高さを指定する方法

スタイルシート(ダッシュボード>外観>テーマエディター)から、
最後の方のレスポンシブの欄のところに下記のコードを追加します。

.twitter-timeline { width:100%; height: 300px; }

例えばパソコンで見た時に高さ300pxに指定したい場合は、
@media only screen and (min-width: 960px)
というエリアの色々書いてあるコードの最初の「{」と最後の「}」の間に追加します。

@media only screen and (min-width: 960px) {
.twitter-timeline { width:100%; height: 300px; }
}

こんな感じで、途中に1行追加するだけでOKです。

タブレットやスマホも同じくお好みの高さを決めて、
それぞれタブレットの欄、スマホの欄に追加すればOKです。
簡単ですね。

WEBサービス「Embed Responsively」を使って超簡単にやる方法

embedresponsively.com

各種埋め込みコードを簡単にレスポンシブ対応コードに変換してくれる、
便利サービス「Embed Responsively」というのがあります。
これを使うと簡単にレスポンシブ対応コードに変換してくれるので、
コピペしてそのまま使えばOK。

あとは、魔法のCSSを使うというやり方もあります。
個人的にはいつもこっち使ってます。
iframeの埋め込みコード(Google Map・YouTubeなど)をレスポンシブテーマに対応させる方法 >

カスタマイズの無料サポートは行ってませんので、分からない所はGoogleで調べてくださいね!特にWordPress独自タグやHTML/CSSの記述方法は時代とともに変わるので最新情報を各自見直してください。あと作業する時はバックアップを忘れずに!
おすすめWordPressテーマ10選
by